切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/05/19(金)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
愛のテルテル坊主
「おーい、いつまで寝ているんだよ。そろそろ眼をさましたら」

「ウーン、もうちょっとこのままにして。座椅子で眠るのも気持ちがいいわ」

「・・・・・・・」

「あんたこそ、座椅子にへばりついていつまでもウトウトしていないで
そろそろ起きれば・・・」

「ウーン それがやっぱり俺も起きる気がしないんだなあ」

「ベッドまでが遠いわねえ」

「俺も体が重すぎて立ち上がれないよ」

「二人とも牛になったみたいね。夕食を食べ過ぎたのかしら」

「それよりこの長い雨のせいだよ」

「あんた 聞こえるでしょう 庭でカエルさんが元気に鳴いているわよ」

「うちの庭でカエルが鳴くなんて今年初めてじゃないか」

「そう言えばそうね。入梅かしら」

「入梅かもね。ほんとうにうっとうしいなあ」

「ほんとうにうっとうしいわ」

「明日空が晴れ上がる夢でもみないかあな」

「そしたら物干し台にお布団と洗濯物をいっぱい干せるのにね」

「テルテル坊主でも作って軒にぶらさげるか・・・」

「あなたが作ってよ・・・(ウトウト)・・・」

「お前さんが作ってよ・・・(ウトウト)・・・」

庭ではカエルさんが元気に鳴いています。

ninnkiburoguranking
ranking
ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
日記はこちらです。こちらもよろしく
たそがれ親父の人生ノート
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。