切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/10(金)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
妻は夫の犠牲なのか
今日の話題は結婚における古典的命題であります。
つまり「妻は夫の犠牲なのか」

先日、次のようなブログに出くわしました。
ブログの名称は「研究者の妻 苦労させられ日記
この「苦労させられ日記」というタイトルが実に秀逸であります。
このブログの管理人のブラウンさんのご主人は
現在は韓国の研究所に派遣されている研究者です。
ブログの記事の中の2月27日の記事の以下の一節が私の眼を引きました。

韓国に来る前、私はある大きな悩みにとらわれていました。
ジェイ氏のことは好きだし、尊敬もしている。
だけど、ジェイ氏と結婚して一緒に生活するということは、自分を犠牲にすることなのではないだろうか。
私にだってしたいことがあるのに 、結婚って2人の人生のはずなのに、どう考えてもジェイ氏主体の人生になってしまっている。
どうしてジェイ氏は何の我慢もしなくてよくて、私ばかりがジェイ氏に合わせて生きていかなければいけないんだろう ?

ジェイ氏はもちろんご主人のことですよ。
ウ――ム、何か切なくなる記事ですよね。
好きで尊敬もしているご主人と離婚を考えなくてはならないと
いうのは身勝手ではないかと言えばそれまでです。
しかし、一般論では片付けられない生身の人間の問題です。
ブラウンさんは一時は自殺や離婚を考えたそうです。
私は思わずこの記事に対しコメントを投稿しました。
私のコメントは以下の通り。

ブラウンさんは素敵な女性ですね。

はじめまして。
「苦労させられ日記」
というタイトルが飄逸でいいですね。
思わず立ち寄ってしまいました。
「別居」なんて言葉を使っていますので
ドキッとしながら読ませていただきました。
結果、ご主人のジェイさんが羨ましくなりました。
夫を非難しつつ(?)かつかばうという姿勢に
妻としてのやさしさが透けて見えます。
ほんとうに離婚なんかしなくてよかったですね。
ご主人の研究が成就されますことをそして
ブラウンさんが「将来の自由」(笑)
を確保されんことを願ってやみません。
ではまた。

研究に没頭する夫と自分も自分らしく生きたいと願う妻。

切ない話です。

ninnkiburoguranking
ranking
ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
たそがれ親父の人生ノート
時間があればHPもよろしく。








スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*6 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 問題はもっと...
youdidit1 | URL | 2006/03/10(金) 18:09 [EDIT]
子どもがいると、もっと自由度は低くなります。
夫婦だけなら、お互いの人生を尊重し合えば、話しは案外簡単ではないのかしら...?
とはいえ、それぞれのご家庭で、それぞれの思いやご事情があるのでしょうね...
● う~~ん・・・
spacesis | URL | 2006/03/10(金) 19:14 [EDIT]
こんにちは、たそがれ親父さん^^

人様が言う、「苦労させられた」と言う言葉には、ついつい、「う~~ん、苦労ってさせられるもの、なのかなぁ・・」と理屈をこねてしまう、わたしですw

夫婦それぞれ、人それぞれでしょうが、「夫、子供の犠牲になってる」と感じる女性は案外日本では多いのでしょうか・・・

これもなんだか切ないわぁ、と思ってしまいます^^;

ついでで大変申し訳ございません。
HPトップページにリンクはらせていただきました。


● 「自由度」は難しい(?)
管理人 | URL | 2006/03/10(金) 21:30 [EDIT]
「自由度」っていい言葉ですね。
しかしこれは難しい言葉ですなあ。
いろいろこの言葉を巡ってえていると思わず溜息が出てきます。
私などからすると妻や子どもよりローンの残債が私の
「自由度」を束縛しているように思えます。
てな風に相対的に見ていくと訳がわからない結論が
待っています。
ここはまあおしゃるように
「とはいえ、それぞれのご家庭で、それぞれの思いやご事情があるのでしょうね...」
というのが一番正しいのではないでしょうか。
と言いながら私は何か逃げているような気もしてきますが(笑)。



● 「苦労する」か「苦労させられる」か?
管理人 | URL | 2006/03/10(金) 21:41 [EDIT]
管理人にとって皆様のコメントは難問の嵐(泣)。
「苦労する」か「苦労させられる」か?

難問を前にしつつふと思いました。
私の妻はどう考えているのだろう?

率直に言って訊くのが恐ろしい気がします(笑)。
下手に訊いたりすると積年の恨みが爆発して
私は「還らぬ人」にてなことはないでしょうが、
やっぱり可能性的にはありうるかもと思いつつ
不安に思いながらご返事を書いております。

「苦労する」ってのはあまりに能動的過ぎるし
「苦労させられる」は受動的過ぎるし
まあ「持ちつ持たれつ」なんてのがやっぱり
理想的なのでしょうか。

みん | URL | 2006/03/10(金) 23:38 [EDIT]
こんにちは。

私は夫の方が「自由度」は少ない気がしてしまいます☆

会社で辛い事があっても、家族のために(ローンのために?)頑張らなければいけないし、せっかくのお休みの日には家族サービスを要求されるし、で、私より大変なような・・・。(要求してるのは私ですが!)

私は家事や育児でバタバタするものの、家でひとりになる時間が持てるけれど、夫は「家でひとり」な時間はほぼ皆無ですから、大変だなぁと思います。

妻の方が「合間を縫って」自分らしく生きる時間を持つ事は楽にできるような気がしてしまいます。

でも、奥様がフルタイムで仕事してる家庭は又事情が違うのでしょうね。
● 結局は「思いやり」の問題(?)
管理人 | URL | 2006/03/11(土) 11:07 [EDIT]
三人の女性の皆さんの投稿を読みながら
私は悩んでおります(笑)。
結局は妻と夫、お互いの「思いやり」の
問題なのでしょう。
なんて偉そうに書きながらこの言葉
絶対に妻には読んで欲しくありません。
読んだ途端に
「違うんじゃないの。世界で一番妻に対する
思いやりが足りないのはあんたじゃないの」
なんて言われたらオロオロするばかりです。
ウーム、いい夫にならないと。




TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。