切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/04/19(水)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
恐怖症
山の釣り橋を渡ろうとすると足がすくんだ

高所恐怖症

長い土管の中を匍匐前進しようとすると体がかたまった

閉所恐怖症

人と話をしていると舌がもつれた

対人恐怖症

夜眠ると金縛り状態になり窒息する夢をよくみた

睡眠恐怖症

小学生の頃 お尻に注射を打ってもらう時

お尻が恐怖でピクピク痙攣した

注射恐怖症

その時お医者さんが笑いながら言った

「原始的神経がまだ退化していないんだなあ」

今でもその言葉を鮮明に覚えている

幼い頃に自殺を考えなければならないほど

私にとってこの世界は恐怖で満ち満ちていた

それでも歳月が過ぎ結婚し子どもが三人生まれた

その上この歳になるま大病もせずに生きてきた

そう考えるとこの恐怖に満ちた世界も

なかなか捨てたものではないと思えるようになった

生きていてよかったという境地には到らずとも

死ななくてよかったとは時々思う

そんな風にして歳月は過ぎてゆく

それが人生という奴かもしれない

ninnkiburoguranking
ranking
ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
日記はこちらです。こちらもよろしく
たそがれ親父の人生ノート


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 私は今日へコみました
シュナまま | URL | 2006/04/19(水) 23:49 [EDIT]
昔はよかった
向こう三軒両隣的生活
今は自分の事だけの人のおおいこと
悲しくなっちゃいます
私の息子たちは優しい男になってくれてるだろうか
そう躾けたと思うのですがちゃんと母の思い届いてればいいな
● きっといい人になりますよ。
管理人 | URL | 2006/04/20(木) 14:26 [EDIT]
母親がそう思っているだけでも
子どもはきっといい人になります。
母親の想いは子どもに通じます。
「母の力は偉大なり」という言葉を信じましょう。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。