切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/03/10(土)   CATEGORY: 社会
松岡議員と水道水

松岡事務所を民主議員「急襲」「浄水器ないじゃない」
 松岡農林水産相の資金管理団体の光熱水費問題の裏付けを取ろうと、参院会派「民主党・新緑風会」の芝博一議員ら4人が9日朝、同団体が事務所にしている松岡氏の議員会館の部屋を突然「視察」し、秘書と押し問答になった。
 議員会館は光熱費や水道代がかからないのに、同団体は05年分の光熱水費として約507万円を計上。松岡氏は参院予算委員会で「水道は『何とか還元水』とかいうものを付けている」などと釈明したが、「適切に報告している」と繰り返し、詳細な説明は拒んだ。「浄水器、付いていないじゃない」「個別メーターも見あたりませんね」。事務所を訪れた芝氏らは、水道がある入り口付近を見渡し、秘書に説明を求めた。「本人がおりませんので……」と秘書が対応すると「本人がいなくたって分かる」と詰め寄った。一方、松岡氏はこの日の閣議後会見で、光熱水費問題について「いま水道水を飲んでいる人、ほとんどいない」と発言したが、詳しい説明は避けた。
アサヒ・コム 2007年03月09日13時11分


そうか、「いま水道水を飲んでいる人、ほとんどいない」のか。

私が小学生の頃は体育の時間が終わると子どもは

みんな校庭にある水道の蛇口に口をつけて

「おいしい、おいしい」と言いながら飲んだものでした。

当時は蛇口が下を向いたまま固定されたものだったので

みんな蛇口に俯いて顔を上げながら蛇口に口をつけていました。

そういう姿勢を取りながら水道水を飲んだ世代も

もうかなりな歳になるのでしょう。

蛇口が上向きに向きを変えることができるようになったのは

いつごろからのことなのでしょうか。

そのうえ、誰も水道水をそのまま飲まなくなったのか。

そんなことを考えていると日本は豊かになったものだと

しみじみ感じてしまいます。

それにしてもこの松岡議員のオウムのように

「適切な報告をしている」と何度も繰り返すのを

テレビで見せられ、今度は民主党議員が勝ち誇ったように

松岡議員の秘書に詰め寄ったという記事を読みますと

政治家のレベルは全然変わっていないじゃないか

という気持ちがつくづくしてしまいます。

日本の政治家はどこへ行く(?)。

・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。




スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。