切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/03/06(火)   CATEGORY: 社会
大丈夫か寺島しのぶは
女優の寺島しのぶが年上のフランス人男性と

結婚していたというニュースを聞いて

反射的に松竹映画の看板女優だった岸恵子と

フランスの映画監督イブ・シャンピの結婚を

思い出してしまった人なんて私を含めて

もうかなりの歳でありましょう(笑)。

イブ・シャンピは第二次大戦中は

医学生でレジスタンスとして活躍、

戦後映画監督となり代表作は「頭上の脅威」。

私はこの映画中学生の頃に見た記憶があります。

突然UFOが出現しフランス海軍の新鋭原子力空母が

攻撃を受け核に汚染されこれに立ち向かう空母搭載の

ジェット機のパイロットたちのお話でした。

日仏合作映画「忘れぬ慕情」の撮影のために

イブ・シャンピが来日して岸恵子を日本からフランスへ

かっさらっていったのが1956年(昭和33年)でありました。

岸恵子と言えば1953年(昭和30年)の「君の名は」。

「君の名」と言えば岸恵子扮する氏家真知子の「真知子巻き」。

あの頭から首にかけてショールを巻く「真知子巻き」は

戦争中の「防空頭巾」が発展したファッションだったのでは(?)。

私はリアルタイムでは映画「君の名は」は見ていませんが

先年、高崎市立図書館から「君の名は」「君の名は第二部」

「君の名は第三部」を借りてきて見ましたが、

当時の岸恵子の美しさに茫然(笑)。

それから何度も借りてきて見ております。

特に「君の名は第二部」のラストシーン、北海道美幌駅で

東京に帰る後宮春樹を見送るために真知子巻きのコート姿で

雪降りしきるホームに一人佇む岸恵子の神秘的美しさには

魂を奪われたように(笑)になりました。

私が選ぶ世界四大恋愛映画名作は

「心の旅路」「哀愁」「カサブランカ」そして「君の名は三部作」

と書きながら寺島しのぶと全然関係ない話になってしまいましたが

岸恵子、イブ・シャンピと結局離婚してしまいました。

大丈夫か 寺島しのぶは(?)

・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。