切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/02/21(水)   CATEGORY: 社会
小泉さんの鈍感力

<小泉前首相>「鈍感力が大事だ」…政権運営に注文
自民党の小泉純一郎前首相は20日、国会内で中川秀直幹事長、塩崎恭久官房長官らと会い、「目先のことに鈍感になれ。『鈍感力』が大事だ。支持率は上がったり下がったりするもの。いちいち気にするな」と、長期的な視点から政府・与党が一体で政権運営に当たるよう注文をつけた。「鈍感力」は作家、渡辺淳一氏が今月刊行したエッセーのタイトル。小泉氏が党幹事長室に立ち寄り、塩崎長官も遅れて同席した。中川氏は18日、安倍内閣の閣僚に緊張感が無いと苦言を呈したが、小泉氏は「閣僚はみんな一家言持っている。無理にまとめる必要はない」と中川氏を諭したという。高支持率の維持に成功した小泉氏だが、記者団に「(支持率は)40%でも30%でも十分だ」と語った。小泉氏の指摘について安倍晋三首相は20日夜、首相官邸で記者団に「小泉(前)総理らしい言葉だと思う。鈍感力というのは必要かもしれない」と語った。【大場伸也】
毎日新聞:2月20日22時5分配信


昨日このブログに

「こんな状況の中でもしかしてまた

俺の出番かと日夜爪を研いでいるのが

小泉前首相なんてことはまあないか(笑)」

なんて書いたら今日の新聞にはやっぱり

出ました小泉純一郎氏(!)

どうも安部先生のクラス運営がうまくいかないので

中川校長先生が苦言を呈すると事態をいっそう

悪化させる火に油を注ぐことになってしまい

遂に切り札の小泉PTA会長の登場。

鈍感力が大事だなんて注文をつけております。

小泉PTA会長の発言の中味を

朝日新聞がより具体的に書いていまので引用します。

「何をやっても批判される。いちいち気にするな」

「『格差はどんな時代にもある』と、なぜはっきりと

言わないんだ。自分は予算委員会で言い続けてきた。

君たちは日本が近隣諸国より格差があると思うか」

「現実を直視できない小沢民主はだめだ。小沢(代表)の

言っていることは社会主義そのもの、世迷事だ」

などなどであります。

ウーン、正しいような正しくないような。

しかし『格差はどんな時代にもある』という

表現は考えようによっては政治家の開き直り。

格差をできる限り少なくするのが政治家の

国民に対する基本的任務なのでは。

こんなスローガンで選挙に臨むと自民党は

惨敗するのでは(?)

いや民主党がきっと自爆的行為でまた

助けてくれるので惨敗はないか(笑)。

それにしても小泉PTA会長と安部先生の違いが

よくわかりました。

開き直って啖呵を切れるのが小泉PTA会長。

開き直れずモゴモゴなるのが安部先生。

これではクラスの生徒もこまります。

小泉PTA会長にもつけず、

安部先生にもつけず、

かと言って小沢先生にもつけず(笑)。

三人ともそれなりにもともと鈍感力は持っているのでは。

かくして生徒はみんな無党派になっていく。

・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。