切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/30(火)   CATEGORY: 社会
NHKと朝日新聞

NHKが番組改変」 200万円賠償命じる 東京高裁
 旧日本軍による性暴力をめぐるNHKの番組が放送直前に改変されたとして、取材を受けた市民団体がNHKなどに総額4000万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が29日、東京高裁であった。南敏文裁判長は「制作に携わる者の方針を離れて、国会議員などの発言を必要以上に重く受け止め、その意図を忖度(そんたく)し、当たり障りのないよう番組を改変した」と指摘。「憲法で保障された編集の権限を乱用または逸脱した」と述べ、NHKに200万円の支払いを命じた。NHK側は同日、上告した。判決は、そのうち100万円について下請け制作の「NHKエンタープライズ21」(当時)と孫請けで取材にあたった「ドキュメンタリージャパン」(DJ)にも賠償責任があるとした。NHKに編集の自由を認め、DJのみに100万円の賠償支払いを命じた一審・東京地裁判決を変更。NHKにも改変行為と、その内容を説明する義務を怠ったことに不法行為責任があると認めた。訴えていたのは「『戦争と女性への暴力』日本ネットワーク」(バウネットジャパン)。旧日本軍の性暴力を民間人が裁く「女性国際戦犯法廷」を00年12月に共催した。NHK教育テレビで01年1月30日に放送された「ETV2001 問われる戦時性暴力」が「法廷」を取り上げた。訴訟では、取材を受ける側に番組内容に対する「期待権」が認められるかどうかが大きな争点だった。南裁判長はまず、「取材者の言動などにより期待を抱くやむを得ない特段の事情がある場合、編集の自由は一定の制約を受け、取材対象者の番組内容に対する期待と信頼は法的保護に値する」と、一審判決と同様の一般判断を示した。その上で、DJが本来は取材対象者には示さない「番組提案票」を示した点などを重視。提案票には「女性国際戦犯法廷の過程をつぶさに追い、戦時性暴力が世界の専門家によってどのように裁かれるのかを見届ける」などと記載されていたことから、バウネット側が、「法廷」をつぶさに追うドキュメンタリー番組になると期待してもやむを得ない特段の事情があったと認めた。 さらに、判決は、01年1月26日に松尾武・放送総局長(当時)と野島直樹・総合企画室担当局長(同)が立ち会った試写後の内容変更について、「当初の趣旨とそぐわない意図からなされた編集行為で、原告の期待と信頼を侵害した」と違法性を認めた。
 また、放送直前の同月29日に松尾氏らと面会した安倍晋三官房副長官(当時)が「公正・中立の立場で報道すべきではないか」と発言したことなどを受け、「その意図を忖度して指示、修正が繰り返された」とした。ただ、政治家が直接に指示や介入したとの原告側の主張については、「政治家が一般論として述べた以上に本件番組に関して具体的な話や示唆をしたことまでは、認めるに足りる証拠はない」とした。NHK広報局の話 判決は不当であり、極めて遺憾だ。番組趣旨の説明やその後の取材活動を通じて、相手側に番組内容に対する期待権が生じるとしたが、番組編集の自由を極度に制約するもので、到底受け入れられない。また、判決は、政治的圧力は認められなかったとしているが、NHKが編集の権限を乱用・逸脱した、国会議員等の意図を忖度して編集したと一方的に断じている。NHKは放送の直前まで、放送法の趣旨にのっとり、政治的に公平であることや、意見が対立している問題についてできるだけ多くの論点を明らかにするために、公正な立場で編集を行ったもので、裁判所の判断は不当であり、到底承服することはできない。〈キーワード:期待権〉将来、一定の法律上の利益を受けられることを希望したり期待したりできる権利。侵害すれば不法行為となるが、どの程度法的保護の対象になるかは、期待権の内容や事案による。医療過誤訴訟では、患者が期待した適切な治療を怠った場合に「救命期待権」の侵害が認められ得る。再雇用の期待を抱かせる説明をした雇用主が契約更新をしなかった際、「更新期待権」を侵害したとして賠償を命じられた例もある。
アサヒ・コム 2007年01月29日20時42分



昨夜、テレビのNHKニュースを見ていると

この高裁判決について安部総理とか

中川大臣とかがインタビューで

「NHK番組に対して政治的介入はしていない」

と答えているのを報道していました。

アレッ、やっぱりNHKの方が正しかったのか

と思っていましたが今朝の朝日新聞を読むと

一面トップのこの記事であります。

「番組改変訴訟 NHKに賠償命令」

東京高裁判決「議員の意志忖度」

というタイトル。

アレッ、やっぱり朝日新聞の方が正しかったのか(笑)

朝日新聞はこのの記事の末尾に

「政治家が一般論として述べた以上に本件番組に

関して具体的な話や示唆をしたことまでは、

認めるに足りる証拠はない」

という裁判所の判決を付記しその下に

安部総理の談話が掲載されています。

私はこの裁判には全然興味がありませんが、

ただただ感動したのは判決は一つしかない筈なのに

争点になっていた筈の「政治家が番組に介入したのか」

についてはNHKと朝日新聞の報道の仕方が

まったく逆になっているように見えることです。

NHKにとって都合のいい点は大きく、

都合の悪いところは小さく。

朝日新聞にとって都合のいい点は大きく

都合の悪いところは小さく。

これはまったく夫婦喧嘩ソックリであります(笑)。

不二家や「あるある大事典」の関西テレビの

持っている虚偽とはまったく違うレベルではありますが

NHKも朝日新聞もこの判決についての

報道の仕方はどこか大昔の大本営発表に

似ているのではないでしょうか。

まあ報道機関同士でガンガン論争することは

いいことではありますが、両者とも

番組や新聞の中で番宣や自社の宣伝ばっかりするなよ(笑)。

・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。








スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。