切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/24(水)   CATEGORY: 社会
踏み絵と踏み字

「踏み字」強要された男性が警部補を鹿児島地検に告訴へ 03年の鹿児島県議選をめぐる公選法違反事件の捜査で、県警の警部補(44)から任意の事情聴取を受けた際、警部補が勝手に紙に書き込んだ親族の名前やメッセージを踏まされるなどして自白を強要されたとして、同県志布志市志布志町のホテル経営、川畑幸夫さん(61)が、この警部補を特別公務員暴行陵虐の疑いで鹿児島地検に告訴することが、分かった。早ければ24日にも告訴するという。川畑さんは、この拷問的な取り調べによって精神的苦痛を受けたとして慰謝料などを求めて県を提訴。18日の鹿児島地裁判決は「公権力を笠に着て常軌を逸した行為」などと指弾したうえで県に60万円の支払いを命じている。判決によると、川畑さんは03年4月中旬の3日間、支援する候補者への投票を依頼する目的でビールを配ったなどとして任意聴取を受けた。この際、警部補は「早く正直なじいちゃんになって」などと家族からのメッセージに見立てた文言を3枚の紙に書き入れた後、川畑さんの両足首をつかんで踏ませた。
アサヒ・コム 2007年01月24日06時00分



この鹿児島の公選法違反事件、以前に

テレビで特集していたのを見た記憶があります。

確か志布志町の一集落の老人たちが選挙違反で

警察の捜査を受け完全な濡れ衣をかぶせられ

疑われた全員が警察に怒っておりました。

それにしても21世紀の世の中に

「踏み字」とは何か旧い横溝正史の探偵小説を

思い出させるおどろおどろしさがあります。

この警部補、キリシタン信者に棄教を迫るために

キリストや聖母マリアの絵や像を踏ませた

徳川幕府の弾圧方法を踏襲したのでありましょうか。

「支援する候補者への投票を依頼する目的でビールを配った」

という嫌疑で任意(!)の取り調べの際に

「早く正直なじいちゃんになって」

と言いながら家族のメッセージに見たてた

文言(要はこの警部補がでっち上げたもの?)

を両足首を掴んで踏みつけさせるとは。

この程度の嫌疑でしかも任意の事情聴取で

これだけの精神的強要をするとは

この警部補は異様なほどに職務熱心だったのか。

この警部補に罪の意識とか悪意がなく

このような取調べをなしたのなら

それこそいっそう恐くて不気味な感じがします。

・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。