切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/08(月)   CATEGORY: 社会
24時間戦えますか

「残業代ゼロ」の労基法改正案、通常国会提出見送りか一部の事務職らを法定労働時間規制から外し、残業代をゼロとする「日本版ホワイトカラーエグゼンプション」制を導入するための労働基準法改正案は、25日召集予定の通常国会への提出が見送られる公算が大きくなってきた。柳沢厚生労働相は提出に前向きだが、与党幹部から慎重意見が相次いでいるためだ。自民党の中川幹事長は7日のNHK番組で、「本来歓迎されるはずのサラリーマンやその家族から歓迎されていない。経営者や政府の説明が不十分ではないか」と述べ、改正案の国会提出は時期尚早だとの考えを示した。また、「個人的には、名目成長が実質成長を上回るような安定的な局面で(法案審議を)やるのが一番ふさわしいと思う」と述べ、デフレの完全脱却後の導入が望ましいとの考えを示した。
読売新聞 1月8日9時13分配信



バブルの頃には終身雇用の日本型経営は

アメリカのビジネスモデルに打ち勝ったなんて

日本の経営者は叫んでいた筈なのに

いつのまにか国際競争力に打ち勝つために

という大義名分の元に管理職一歩手前の

社員を残業代ゼロで働かそうというとんでもない

法律を作ろうとしているから驚きます。

「本来歓迎されるはずのサラリーマンやその家族」

なんて言葉が一体全体どうして出てくるのか

さっぱりわかりません。

要はサービス残業を労働基準局から

追求されるのが面倒になって

「ホワイトカラーエグゼンプション」

なんて横文字を使って社員をけむに巻いて

こき使おうという構想にしかすぎません。

横文字を使えば誤魔化せるなんて

どう考えても労働者を舐めすぎています。

こんな記事を読むと

「24時間、戦えますか?」

という一昔前の昔あった三共薬品の栄養ドリンク

リゲインの広告を思い出してしまいます。

わけのわからぬ横文字を使いながら

腹の底では会社に「滅私奉公」を強いる

経営者のどうしようもないメンタリティの低さ。

経営者は社員を働くだけ働かせて

「過労死」「家庭内不和」「離婚」

をあえて招こうとしているのでしょうか。

日本社会においては「企業戦士」という種類の

存在は否定されたんじゃなかったの(?)

・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。