切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/07(日)   CATEGORY: 社会
消印物語

3千通の消印に去年の年号 岡山東郵便局がミス
 岡山市原尾島4丁目の岡山東郵便局は5日、1~3日に受け付けた年賀郵便物のうち、切手を張った私製はがきと封書の計3164通の消印の年号を、誤って「(平成)18年」のまま押していたと発表した。
 同局によると、自動押印機の日付を手作業で受付時間ごとに1日4回更新することになっているが、この3日間は更新を1日1回しかせず、点検もしていなかったという。4日午後の更新の際に発覚した。
 押印ミスをした郵便物のうち、同局管内あての694通はおわび文を添えて配達するが、残り2470通は既に発送済みで対応できないという。5日記者会見した中原利夫局長は「多大な迷惑をかけ心からおわび申し上げます」と謝罪した。
アサヒ・コム 2007年01月05日20時35分



昔々、私の長男が小学生の頃、

突然我が家に一通の手紙が到着。

手紙の宛先は長男になっており

表には様々な色鮮やかな記念切手が

10枚ほど貼ってありました。

裏には差出人の名前がありません。

?と思いつつ筆跡を見るとこれが何としたことか

間違いなく長男の筆跡であります。

??と思いつつ手紙を開封すると中はカラッポ。

???と思いつつ長男に尋ねてみると

「記念切手に消印を押してもらいたかったから」

と申します。

本人の自供により長男の自作自演の

一人芝居だとはわかりましたが

その意味がわかりません。

よく聞いてみるとその頃切手集めに

熱中していた長男は何を思い違いしたのか

「郵便局の消印の押された記念切手は価値がある」

と思い込んで集めた記念切手を貼って

自分当てにポストに投函したとか。

私も妻も長男の自供にしばし呆然。

私はその時長男に昔読んだ話を聞かせてやりました。

昔々 孤独な少年がいてあまりに孤独で切ないので

自分宛ての手紙をせっせと書きそれをポストに

投函してその手紙が配達されて郵便受けに届くのを

楽しみに待っていたというお話であります。

長男は私の話をボーと聞いておりましたが

そういう手紙を出す少年になるよりお前のような

間違いの方がまだお父さんやお母さんにとって

救いがあるよと言った私の言葉を今でも

長男は覚えているのでありましょうか。

間違った消印のお話でありました。

・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。