切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/03(水)   CATEGORY: 社会
お餅も恐い

もち詰まらせ2人死亡 搬送は16人 東京消防庁
東京消防庁によると、1日から2日にかけて、東京都内で60~90歳代の16人が、もちをのどに詰まらせて病院に搬送され、うち68歳と76歳の男性2人が死亡した。このほか、男女7人が心肺停止などの重体となっている。
 同庁は、もちを小さく切って食べるほか、高齢者や子供の場合は、家族がそばに付いているよう注意を呼び掛けている。(時事)
アサヒ・コム 2007年01月03日00時25分



元旦から三日間妻の作ったおせち料理を

いただきすぎて少しはへこんでいたお腹が

再びポッコリと盛り上がってきてガックリ。

今朝のお雑煮など私はお餅一個に対し

妻は何とお餅四個もいただいていました。

満腹の筈が妻がお雑煮を黙々といただいているのを

見ているとこちらも何故かまたお腹がすいてきたのか

と感じてしまう人体のメカニズムの不思議さ(笑)。

しかしこういう記事を読むとお餅も凶器になる

ことがあるのだとよくわかります。

お餅の食べすぎでメタボリックシンドロームどころか

死に直行してしまうのが不思議な気がしてしまいます。

お餅は切って小さくしていただかないと

危険な食べ物なのですね。

昨日同じような記事が掲載されていて

お餅を詰まらせた場合は口を開けて

「餅が見える場合はガーゼを巻いた指で外にかき出す」

「体を横に寝かせ、あごを突き出して気道を確保し

背中を連続してたたく」

などと書かれていました。

地震、雷、火事、お餅

なんてところでありましょうか。

・・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。