切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/12/28(木)   CATEGORY: 社会
出生届に「死亡」

長男出生届けたら、戸籍に「死亡」 両親が奈良市提訴
市役所に長男の出生届を提出したら戸籍に「死亡」と書かれ、著しい精神的苦痛を受けたとして、奈良市在住の両親と長男が27日、同市に100万円の損害賠償を求める訴えを奈良地裁に起こした。市は「戸籍を電算化し、本来の状態に戻す」との約束文を両親に渡しながら、放置していた。原告側は「一連の対応はその場しのぎで、不法行為にあたる」と指摘している。訴状などによると、長男は90年6月に生まれ、父親(43)が同市役所に出生届を提出。02年1月、長男の戸籍を確認したところ、生まれた日付で「奈良市で死亡」と記載されていたのに気づいた。市は直後に修正したが、「再製」の文字が残り、不自然な戸籍になったという。当時の担当者は「2、3年後に戸籍を電算化するので、再製の文字は消える」などと記した約束文を両親に渡したが、担当部署内でこの文書は引き継がれず、戸籍の電算化もされていない。原告側弁護士は「ミスを闇から闇に葬るような市の姿勢をただすのが提訴の目的」と主張する。市によると、戸籍の電算化に必要な機器の設置費用などを来年度予算案に盛り込むことを検討中という。林啓文・市民生活部長は「戸籍の誤記や文書が引き継がれなかった点は市側のミス。現在は誠意を持って対応している」と話す。
アサヒ・コム 2006年12月27日15時33分



恐いニュースです。

子供の出生届を戸籍課に提出すると

いつのまにか「死亡」になっているという

ありえない間違いを起こしてキチンと

修正もしないで「再製」なんて言葉を

戸籍に残すという無責任ぶり。

親が提訴するのも当たり前でしょう。

お役所仕事とはこんなものかと思いつつ

こういうことは全国に蔓延しているのでは。

何百万人という単位で個人情報を流失してしまった

企業が記者会見を開き責任者がカメラに向って

頭を下げて儀式は終了、企業に対するペナルティは一切なしとは。

社会的責任なんて言葉は今やほとんど死語なのでは

とも疑ってしまいます。

こうなると、入社・入試試験で「合格」を

「不合格」と通知されたり、税金や保険料を

余計に取られ、逆に還付金や保険金を少なくしか

返還しないとかまたはまったく払わないなんて

ことが起こったりしても不思議はないでしょう。

まして架空の政治資金記載で大臣を辞任するなんて

小さい小さいことになってしまっていくという

無責任体制が本当に恐い。

・・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。