切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/12/25(月)   CATEGORY: 社会
懲役45年

凶器の農薬が焦点 毒ブドウ酒事件、再審開始26日判断
 三重県名張市で1961年、ブドウ酒に入れられた農薬で女性5人が死亡、12人が中毒症状になった「名張毒ブドウ酒事件」の異議審で、名古屋高裁は26日、第7次再審請求審(同高裁)が認めた奥西勝死刑囚(80)の再審開始決定に対する検察側の異議申し立てに、決定を出す。
 過去、死刑確定後、再審で無罪判決が言い渡されたのは免田、財田川、松山、島田の4事件。異議審が検察側の異議申し立てを棄却すれば、名張毒ブドウ酒事件が5件目となる可能性は高まる。
 異議審の主な争点は、再審開始決定が認めた▽凶器の農薬は奥西死刑囚が自白したニッカリンTではない▽物証の王冠(四つ足替栓)は事件のブドウ酒瓶の王冠ではない▽2度開栓により奥西死刑囚以外の犯行が可能――とする弁護団の三つの新証拠と、自白の信用性などだ。
 再審開始決定は、これらの新証拠を「無罪を言い渡すべきことが明らかな証拠」とし、「自白の信用性には重大な疑問がある」と認定した。
 異議審での最大の争点は、事件の農薬が、奥西死刑囚が自白し、確定判決が凶器と認定したニッカリンTではなかったかどうかだ。弁護団は、新証拠とした2教授の鑑定書などで、ブドウ酒の飲み残りから、ニッカリンTに必ず含まれる成分が検出されなかったことから「凶器ではなかった」と主張。検察側は、含有量が少なく分解されて検出されなかったなどと反論した。
 事件は61年3月に発生。奥西死刑囚はいったん犯行を認め、逮捕、起訴されたが、公判で否認。津地裁は64年12月、無罪を言い渡した。しかし名古屋高裁は69年9月に死刑を宣告し、3年後の最高裁で確定した。
 その後、7次にわたる再審請求のすえ、名古屋高裁が05年4月、死刑執行を停止し、再審開始を決定していた。名古屋拘置所の奥西死刑囚は「大きな期待を寄せている」と支援者に語っている。
アサヒ・コム 2006年12月25日00時25分



この事件は昭和36年に起こりました。

死者五人を出した当時としてはまれにみる

凶悪犯罪として連日新聞に報道されました。

私は中学一年生の頃で毎日報道される

新聞記事を読んだ記憶があります。

当時は「津毒ぶどう酒事件」と呼ばれていたのでは(?)

珍しいのは地裁で無罪判決が出て高裁では

逆転して死刑判決が出たことでしょう。

事件から45年の歳月が流れ被告は

名古屋拘置所に拘置されたままです。

まるで懲役45年の刑を打たれたようなものです。

これでもし被告が再審を受け無罪と確定されたら

この45年は被告にとっては何になるのでしょうか。

それにもし途中で死刑が執行されていたり

被告が病死していたらこの事件の犯人は

奥村勝被告であることが歴史的事実として

残ることになっていたのでしょう。

そう考えただけで何か法というものは

恐ろしいような気もしてきます。

そしてもし被告が無罪で別に真犯人がいるとしたら

その人は被告の無罪を知りつつこの45年を

どう生きてきたのでしょうか。

・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。