切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/12/19(火)   CATEGORY: 社会
心中か中毒死か

住宅に老夫婦の遺体、練炭で中毒死か さいたま
18日午前10時すぎ、さいたま市中央区本町東2丁目の平屋建て住宅で、この部屋に住む無職男性(67)と妻(72)が、居間で死亡しているのを近所の女性が見つけ110番通報した。浦和西署の調べでは、2人は布団の中で普段着で横たわっていた。室内は施錠され、2人が寝ていた足元に練炭の入った七輪が見つかった。七輪の上には煮物の入った鍋があったという。同署は一酸化炭素中毒死の可能性が高いとみて調べている
アサヒ・コム 2006年12月18日15時27分



記事を読んだ瞬間に「七輪」「練炭」

という単語が眼にとまった。

最近あまり見かけなくなったが

一時ネットで知り合った人たちが

車の中に七輪を持ち込み練炭を燃やし

集団自殺をするという事件が頻発した。

その連想からもしかしたらこの老夫婦は

心中したのではと思った。

その上私が小学生の頃にはよく見かけた

七輪とか練炭を日常生活で使う人が今時

いるのだろうかという想いが私の想像に

輪をかけたことは否定できない。

しかしこの記事によれば

「七輪の上には煮物の入った鍋があったという」

そうかやっぱり中毒死したのかと思いつつ

「2人が寝ていた足元に練炭の入った七輪が見つかった」

という部分を読むとまた疑問が湧いてくる。

寝る時に足元に練炭の入った七輪を置いて

寝る人がいるのだろうかと。

夫なり妻なりどちらかが危ないからと

注意するのではないだろうか。

平屋の一戸建てだから家の中も

そんなに狭くはない筈だから

なおさら足元の練炭が気になってしまう。

こういうことが気になるのは私も妻も

じりじりとこの老夫婦の年齢に

近づきつつあるからなのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。