切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/12/14(木)   CATEGORY: 社会
残業代ゼロ

残業代ゼロ導入、労働Gメンの6割が「反対」
一定の年収などの条件を満たした会社員を労働時間規制から外し、残業代をゼロにする「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入について、不払い残業の摘発や労災調査の一線に立つ労働基準監督官の6割が反対していることが、13日、監督官らで作る全労働省労働組合(全労働)のアンケートで分かった。反対が多い理由を、全労働は「労働時間の記録が残らず、実態把握が難しくなり、調査や指導に支障が出るとみるからではないか」と分析している。監督官は「労働Gメン」と呼ばれ、全国約350カ所の労働基準監督署などに配置されている。調査は11月に実施され、現場の監督官約1700人のうち、約8割の1319人が回答した。ホワイトカラー・エグゼンプションを「導入すべきだ」は17.9%にとどまり、「すべきでない」が60.0%と大幅に上回った。何を見直すべきかを複数回答で聞いたところ、「監督官の増員」が71.3%と最も多く、「企業の労働時間の把握義務の強化」(64.2%)、「(時間規制の対象外である)管理職の範囲の厳格化」(57.0%)など、規制強化を求める声が目立った。 都内の監督官(49)は「過労死の案件を見ると、労働時間をずさんに管理されている人が多い。新制度では、深夜の残業代割り増しからも外れる恐れがあり、より過酷な実態になるのでは」と話した。
アサヒ・コム 2006年12月14日02時30分



これは日本経団連の御手洗冨士夫会長が

一定条件の会社員を労働時間規制から外し

残業代を払う必要がなくなる

「ホワイトカラー・エグゼンプション」

導入を厚生構成労働大臣に要請した

との事実を受けての記事です。

サービス残業が摘発され困り果てた

企業側が頭の中で描いている

徹底的に人件費を削減するための

人事方針のようにしか思えません。

この提案では日本では管理職は残業代は

支払われていませんから当然

管理職一歩手前の社員が対象となります。

これが認められればサービス残業の問題も

消滅し企業側も何の良心の呵責もなく

社員に残業させるということが

最大のメリットでしょう。

しかし無料で残業できる社員が増えれば

これはある意味残業代がつかない上に

「管理職手当て」がつかない社員を

増やしていくことになりますい、

また残業代をつけなくてもいいのであれば

派遣社員の削減さえ可能です。

どう考えてもこの提案は社員を徹底的に

こき使おうという魂胆が丸見えです。

もし一定の年収の条件が年収「400万円」と

なればどうなるのでしょうか。

これが「1000万円」や「2000万円」であれば

誰も文句を言わない(?)かもしれませんが

年収「400万円」で過労死なんかしたくねえよ

と思うのが労働者として当然の考えだと思います。

「過労死の案件を見ると、労働時間をずさんに管理されている人が多い。新制度では、深夜の残業代割り増しからも外れる恐れがあり、より過酷な実態になるのでは」

恐いですよ、こういうのは。

・・・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。