切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/12/13(水)   CATEGORY: 社会
焼肉のたれ

「焼き肉のたれと水で24日間」六甲山中で発見の男性
神戸市の六甲山で10月に行方不明になり、24日ぶりに意識不明の重体で発見された兵庫県西宮市職員、打越三敬さん(35)=西宮市上之町=の体調が回復し、上司に「下山途中にがけから落ちて骨盤を骨折し、歩けなくなった。持っていた焼き肉のたれと水だけを口にして救助を待っていた」と話していることが11日、西宮市の発表でわかった。打越さんは入院中で、足の指に凍傷が残っており、歩行器を使った歩行訓練をしているという。上司は今月5日に15分間面会した。上司によると、打越さんは10月7日昼に六甲山頂付近で同僚14人とバーベキューをした後、1人で下山しようとしたが下山口を見つけられず、探す間にがけから転落。持っていた携帯電話はぬれて使えなくなった。バーベキューのため持参していた市販のプラスチック容器入りの焼き肉のたれと、3リットルの容器に入った水だけを口にしながら、24日間、同じ場所にいた。途中で意識がもうろうとし、最後は気を失ったという。 打越さんは「迷惑をかけました。できるだけ早く仕事に復帰したい」と話したという。
アサヒ・コム 2006年12月12日11時15分



打越さんという肩の生命力の凄さに

圧倒される記事であります。

最初24時間と錯覚してタイトルを見ましたが

24日間だとわかって愕然。

まず骨盤を骨折してその痛みによく耐えられた

ことに感動してしまいます。

私などの痛みに対してメロメロに弱い

人間にはこれだけでも驚異的であります。

次に足の指に凍傷ができるほどの

この初冬の季節の夜の寒さに

よく耐えることができたと思います。

そしてこれらの悪条件下に焼肉のたれと

水しかない口にするものはないなんて

これはもう究極のサバイバルゲームです。

打越さんは同僚14人のバーベキューの

焼肉たれの担当係りだったのでしょうか。

それでもバーベキューは終わって

下山している途中の事故ですから

焼肉のタレも残り少なかったのでは(?)

しかし携帯電話を私は持っていませんが

携帯電話が水に濡れると使用不可能に

なるとはまったくしりませんでした。

日頃から妻に

「頭が痛い」

「腰が痛い」

「疲れたなあ」

なんて愚痴を言っている軟弱な私などには

打越さんの必ず救出されるのだという

希望を失わない強い精神力とその強靭な

体力にはただひたすら脱帽、敬服あるのみです。

それにしても

「人間ってすごいなあ」

・・・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。