切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/12/12(火)   CATEGORY: 社会
裏金仲間ばっかり

「眠る裏金」続々発見、ずさん管理浮き彫り 大阪府裏金
大阪府で10年前に清算したはずの「眠る裏金」が次々と発覚し、総額で2千万円近くになった。金庫に680万円を保管しながら誰もその存在を知らなかったり、裏金と知りつつ一部を送別会などの費用に充てていたり、公金に対する公務員の意識の低さと管理のずさんさが改めて浮き彫りになった。最高額の700万円の現金が見つかった府立公衆衛生研究所。現在の総務担当者は04年、前任者から約20万円が入った革の財布を渡され、「裏金」として引き継いだ。しかし、先週末に本庁の指示を受けて研究所内を調べたところ、倉庫のロッカーから手提げ金庫を「発見」。中から封筒に入った現金680万円が見つかった。 担当者は「ほかにも裏金がある」と聞かされてはいたが、場所や金額を確認していなかったという。一部が使われていた形跡もあり、府総務部は過去の担当者から事情を聴いている。府立精神医療センターでは、二つの預金口座に計484万円の裏金があった。同センターは04年に、出所不明のカネが入った預金通帳2通に気づいたが、届け出ずに放置していたという。11日、記者会見した事務局長は「どう処理すればいいのかわからなかった」と釈明した。 裏金をその後も使っていたケースでは、府教委財務課が00~01年にかけて、職場の送別会の費用に充当。府立公衆衛生研究所は、書籍購入費のほか、実験用動物の慰霊祭の線香代について「宗教色があり、公費支出が認められない」(担当者)として、裏金から支出していた。内部調査の結果を発表した泉谷英雄総務部次長は記者会見で、「(裏金を引き継いできた職員には)表にできない金との認識があった。こんな意識が残っているとは信じられない。非常に遺憾だ」と語った。
アサヒ・コム 2006年12月12日02時44分



東に忘年会があれば裏金。

西に送別会があれば裏金。

南に慰労会ががあれば裏金。

北に歓迎会があれば裏金。

日本の役所は裏金天国。

悪い奴ほど裏金を使う。

困った時の裏金頼み。

裏金を使って上司にゴマをする。

部下を手なずける。

自分の遊興に使う。

報告の必要もなし。

マネーロンダリングの必要もなし。

良心の呵責の必要もなし。

税務署の査察の心配もない。

税務署もお仲間。

警察の捜査の心配もない。

警察もお仲間。

労働組合の摘発の心配ない。

労働組合もお仲間。

政治家の非難も心配ない。

政治家もお仲間。

お仲間のお仲間はみんなお仲間。

みんな裏金のお仲間。

みんなで渡れば恐くない。

国を愛する精神を育てよう。

と叫びながら自分たちは

裏金をひたすら愛する人たち。

みんな美しい国のお仲間。

ああ、日本は・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。