切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/23(木)   CATEGORY: 社会
給食を天井に投げる子ども

<体罰>奈良の「熱血校長」小4男児に ご飯粗末にした奈良県三郷町の町立三郷北小学校で今月14日、給食のご飯を粗末に扱ったとして、岡本喜代治校長(59)が4年の男児の尻を強くたたいて転倒させるなどし、約1週間のけがを負わせていたことが分かった。岡本校長と同町教委は「行き過ぎた指導だった」として男児の家族に謝罪した。岡本校長は教育困難校の立て直しなどで実績があり、子どもと教師の心理についての著書も執筆。地元では「熱血校長」で知られている。同町教委によると、男児の担任教師が13日、給食で茶わんに残った米を団子状にして天井に投げるのを目撃し、岡本校長に報告した。岡本校長は翌朝、登校してきた男児を校門前で見つけると、ほおをつかんで引き寄せ、尻を6~8回たたいた。男児は転倒し、足をすりむき、ほおにはつめ跡が残って血がにじんだという。男児はそのまま授業を受けたが、帰宅後、傷に気付いた家族が病院に連れて行き、全治1週間と診断された。岡本校長は同日夕、男児宅を訪れて謝罪。町教育長には15日朝、報告した。同小によると、岡本校長は「食べ物を遊び道具にするのは許されず、ここで指導しておかなければと強く思った」と説明したという。 岡本校長は1995年、「子どもの心と教師の心」(日本教育研究センター)を出版。同小は今年度、文部科学省が全国の9小学校を指定した「総合的な学習のモデル校」にも選ばれている。
(毎日新聞) - 11月22日15時14分更新



現在の教育現場では「体罰」は否定されています。

しかし「体罰」とは一体何なのでしょうか。

「体罰」と「私的制裁」と「折檻」と「虐待」。

何となくこれらの言葉の違いはわかるような気もしますが

厳密に定義することは実に難しいと思います。

「体罰」が行き過ぎると間違いなく「私的制裁」になります。

ゆえに体罰を全面肯定してしまうと昔の帝國陸軍内務班の

「私的制裁」になってしまう恐れがあります。

一方「体罰」を全面否定してしまうと

究極的には人間性善説に行き着きます。

「教室にいるのはいい子ばかり」という

前提が成立しての体罰否定論です。

果てして教室にいる子は「いい子」ばかりなのでしょうか。

それに「いい子」が「悪い子」に変じる、「悪い子」が

「いい子」に変じる場合もあるでしょう。

ですから教育現場の「体罰」は「体罰」がふるわれた時の

先生と生徒の関係性や生徒が受けた「体罰」をどう

受け止めるかということに尽きると思います。

個別の「体罰」を一般論で語るのは到底不可能です。

能書きが長くなりましたがこの記事を読んで

私がビックリするのは校長の方ではなく

「給食で茶わんに残った米を団子状にして天井に投げた」

生徒の方であります。

子どもは大人が考えつかないいろいろないたずらを

考えつくものです。

しかし給食の米を団子状にして天井に投げつけるなんて子は

さすがに貧しかった私の時代の子どもにはいませんでした。

校長がこの子どものお尻をひっぱたいて軽い怪我をしたので

校長が子どもの家庭に謝りに行っていますが、

昔の家庭だったらまず間違いなく父親が

「お前は食べ物を天井に放り投げるなんて

いったい何を考えているんだ」

と怒って子どものお尻をひっぱたくどころか

頭かほっぺたに一発パンチを浴びせていたでしょう。

そして謝罪に来た校長には

「校長先生、ほんとうに叱っていただいてありがとうございます。

この子は本当に物に対するありがたさを全然わかっていません。

どうかこれからも厳しく指導してください」

などと言いながら親の方が校長に謝っていたのではないでしょうか。

そして校長に殴られた子どもは大きくなって

「あの校長先生はいい先生だったなあ」

と思い出していたことでしょう。

私は昔はよかったなんて昔を美化して

これを書いているのではありません。

学校ばかりでなく家庭においても子どもには

必要最小限の体罰が必要な場合が

あることを確認したいだけです。

・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。