切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/11/17(金)   CATEGORY: 社会
朝日記事の胡散臭さ

本社記者が餞別など受領 和歌山談合容疑者から15万円
和歌山県発注工事をめぐる談合事件で大阪地検特捜部に逮捕されたゴルフ場経営会社元代表、★★★★容疑者(56)=所得税法違反容疑で再逮捕=から、朝日新聞大阪本社の社会部記者(41)が餞別(せんべつ)や出産祝いとして計15万円を受け取っていたことがわかった。社内調査によると、記者は井山容疑者と取材で知り合い、02年と04年の2回、井山容疑者が代表をつとめていたゴルフ場施設で、転勤祝いと子どもの出産祝いとして祝儀袋を渡された。固辞したものの押し切られたため、機会をみつけて返却するつもりで封を切らないまま、仕事用のかばんに入れて保管していた。「取材先の一人として、元代表との関係を維持したいと考え、返したいと強く言い出せなかった」と話している。 餞別は封筒のへりの部分が擦り切れており、そこから本社で中身を確認したところ、10万円が入っていた。封筒の厚みから、記者は「数万円程度」と思い込んでいた。出産祝いの封筒は16日、弁護士立ち会いのもと一部を開封し、5万円と確認した。記者は、出張の際などに購入したワインや地酒、菓子折りなどを井山容疑者に贈っており、合計すると数万円になるとしている。記者は和歌山談合事件の取材には直接かかわっていなかった。 朝日新聞社は16日付で、社会部員を取材現場からはずし、管理本部付とした。封筒は二つとも社内で保管しており、★★容疑者側に返す。〈松本正・朝日新聞社広報担当の話〉 社会通念を超える額の餞別やお祝いを受け取ったことは、取材先との適正な関係を逸脱しており、元代表が逮捕されたあともこのことを社に報告していませんでした。記者としてのモラルに反する行為であり、本日付で編集局から外しました。今後、厳しく処分します。
アサヒ・コム 2006年11月16日21時33分



朝日新聞の現役社会部記者が談合容疑者から

転勤の餞別と、出産祝いとしてそれぞれ

10万円と5万円を受け取っていたという。

これくらいのことは新聞記者、テレビ記者、警察官、

公務員、みんなやっているんじゃないの。

世間相場よりチョッピリ金額は大きい気はしますが。

たまたま運悪く相手が談合事件で大阪地検特捜部に

逮捕されたので問題になっただけではないでしょうか。

ただこの記事が妄想好きの私には胡散臭く思えるのは

餞別の祝儀袋は4年間も出産の祝儀袋も2年間も

封を切らないまま「仕事用のかばん」に

保管しておいていたということです。

いつも持ち歩いている仕事用のかばんに4年も祝儀袋を

入れておいたなんてありかよなんて思ってしまいます。

それに「餞別は封筒のへりの部分が擦り切れており」

なんて唐突なほどのクソリアリズムも

どこか怪しい雰囲気を漂わせます(笑)。

こちらは中味を「本社で確認」、出産祝いの方は「弁護士立会いの

もとに」なんて書いていますが、一方が本社で一方を弁護士が

立ち会うというのは転勤の餞別を開いて危ないと思い弁護士を

立ち合わせたのか、何かこの違いがよくわかりません。

それに弁護士が立ち会った出産祝いは「一部を開封し」なんて

祝儀袋に一部も全部もないと思いますが、この一部は祝儀袋の

隅を開いて中を覗いたということなのでしょうか(笑)。

朝日新聞の広報担当は

「元代表が逮捕されたあともこのことを社に報告していませんでした」

なんて発表しておりますが、じゃあ、どこから発覚したのかこのニュースは。

大阪地検特捜部(?)、事件関係者(?)、それともライバル新聞(?)

どこが漏洩しようとどうでもいいですが

こんなことでは新聞記者の質が

どんどん劣化していくのが恐い気がします。

・・・・・・・・・・・・。

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。