切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/31(火)   CATEGORY: 社会
巨人の凋落

日本テレ社長、巨人戦今季視聴率ひとけた「残念」
日本テレビ・久保伸太郎社長(62)が30日、定例会見にのぞみ、巨人戦の視聴率などに言及。今季の巨人戦視聴率の日本テレビの平均が9・4、全体平均は9・6%と、ついに一ケタ台に低迷したことに触れ「期待値に届かず非常に残念です」と話した。来季の放送に向けては、巨人・滝鼻オーナーと話し合いを始めたことを明かした上で「まだお話しできる段階ではない」と話すにとどまった。
(2006年10月31日06時01分 スポーツ報知)



「巨人 大鵬 卵焼き」も今は昔の物語。

私は学生の頃から一貫してアンチ巨人。

まずは巨人だけを「巨人軍」と呼ぶ

あの鼻持ちならぬ球界の盟主意識が大嫌い。

盟主意識は骨の髄まで変わらないのに

考えていることは巨人・読売新聞・日本テレビの

利益だけであることは見え見え。

古くは江川卓投手の入団時における脱法的野球協約の

解釈に始まりドラフト問題になると突然

どこの球団に大学生・高校生が行こうが

職業としてプロ野球選手という

職業を選んでいるというのに

「職業選択の自由」なんてわけのわからぬ

キャンペーンをやりだす始末。

そして歴代の日本プロ野球機構のコミッショナーは

まるで巨人の操り人形のような人物ばかり。

こんなに一組織がやりたい放題できた組織が

旧「関東軍」以外この日本にあっただろうか(笑)。

巨人戦のテレビ中継を見ても出てくる

解説者、ことごとく巨人の太鼓持ちばかり。

10対0で負けていても報道・解説だけを

聞いていると巨人が勝っているように聞こえる不思議。

次の試合は巨人が勝つと思えるようなオベンチャラ。

まるで巨人は強いのだということを周知徹底させる

ための洗脳解説を聞いているようであった。

それでも私は絶え難きを耐え忍び難きを忍び

巨人戦をテレビで見てきたのだ。

ただひたすら「巨人」がまた「巨人的」なものが

敗北するのを見るために(笑)。

しかしそんな想いも6年前に失せた。

イチロー選手が大リーグに行きNHKBSで

マリナーズ戦が中継で見ることができるようになって。

イチローが所属していた今はなき「オリックス」の試合を

私はテレビでほとんど見る機会がなかったのだ。

それからはイチローの熱狂的ファンとなりました。

日本テレビは巨人戦を独占中継することによって

結局は視聴率の低迷を招いたのである。

巨人戦のみを中継することによって自滅していったのだ。

日本テレビがほんのちょっとの度量とプロ野球界の

発展を考えシーズン中、セ・パを問わず均等に

中継したら、また日本プロ野球機構が大リーグの

ようにテレビ中継によってあがる収益の一部を徴収し

全球団に分配していたらもっともっとプロ野球は

発展していたのではないかと思う。

しかし、私の書いていることは所詮、

死んだ赤子の歳を数えることである。

長年巨人戦のみを中継することによって作られた

巨人人気は中継が減少することによって

滅んでいくしかないであろう。

地方ローカル局の「阪神戦」中継、

「日本ハム戦」中継がいまや

日本テレビの「巨人戦」中継の

視聴率を上回る時代なのだ。

と書きながら私が現在の巨人選手の中で

唯一好きなのは今年3月のWBC戦で

大活躍した上原投手。

今年は成績が悪くて心配していたが

来年は頑張って欲しい。

そして一刻も早く巨人を出なさい(笑)。

・・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。