切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/22(日)   CATEGORY: 社会
いじめと組織防衛

福岡県教委、いじめ把握を見直し 少ない報告を疑問視 
福岡県教委は、同県筑前町の中学2年の男子生徒(13)の自殺をきっかけに、いじめを把握する方法を見直す方針を固めた。05年度の調査では、児童・生徒1000人あたりのいじめ発生件数は全国で2番目に少なく、最多の愛知県の1割程度。だが、いじめに気づかなかったり、学校が報告を怠ったりして、低い数字になっているだけかも知れないからだ。ひょっとしたら、件数が多い地域の方が「いじめ対応の先進地」かも――。そんな可能性も視野に、他県の取り組みも参考にする。調査は、学校の報告を都道府県がとりまとめ、文部科学省に伝える方式で実施している。福岡県では05年度、小、中、高校、特殊教育諸学校で計160件のいじめがあり、1000人あたりでは0.3件。福島県の0.1件に次いで少なく、愛知県の3.4件、千葉県の3.2件を大幅に下回っていた。 だが、生徒が通っていた三輪中では過去数年間で7、8件のいじめがあったにもかかわらず、解決済みとして「0件」と報告していた。合谷智校長は16日の記者会見で、「あるよりない方が、頑張っているんだな、とみられるということはある」と話した。こうした状況に、福岡県教委の幹部は「いじめの有無で学校を評価するわけではない。むしろ『いじめはゼロ』と報告する時は先生がいじめに気づいていないと考えるべきだ」と指摘し、調査方法の見直しに取り組む考えを示した・・・以下略・・・・・
アサヒ・コム 2006年10月22日09時50分



学校の生徒がいじめで自殺したとする。

学校側はまずこの事実がマスコミに

発覚することを恐れる。

もし発覚した場合学校は校長以下が

自殺した両親にお詫びに出向く。

しかしいじめがあったことはなかなか認めない。

亡くなった子どもの両親から子どもの遺書を

突きつけられ逃れようがない証拠が出て来ても

それが自殺の主要因だということを肯定しようとはしない。

そしてその遺書の発表を阻止しようとする。

最後の最後になっていじめの存在は学校では

確認していなかったので申し訳なかった。

これから学校でも鋭意調査するという遁辞で逃げる。

そして土壇場になってやっと再発を阻止するために

全校一丸となって取り組むと言う。

これがいじめで自殺した学校がもつ

ほとんど定型的な対応のパターンに思える。

きっと学校の校長・教頭以下の管理職は

いじめそのものよりも学校という組織の

「組織防衛」を最優先しているのだ。

一般の先生も地方の各教育委員会もまったく同じ。

一般の先生方が自殺者が出る前に自発的に

スクラムを組んで生徒のいじめ防止に

立ち上がったとか教育委員会が現実に

いじめが起こる前にいじめを防止しようと

奮闘したなんて聞いたことがない。

学校なら生徒よりも組織防衛。

自治体なら市民よりも組織防衛。

中央官庁なら国民よりも組織防衛。

組織防衛とは何か。

要は自分の地位の確保であり安泰である。

その構造上、もっとも組織ぽい組織である

警察機構でさえ内部からの告発が最近頻繁に

生じているというのに学校の関係者からは

ほとんどない。

学校という組織はもしかしたら他の組織より

閉鎖的なのかもしれない。

哀しいかな学校がそういう「組織防衛」で

対応してくるならいじめにあった子どもを持つ

親は「家族防衛」で対応しなくてはならない。

こどもがいじめにあったことを知ったら

泣き寝入りなんかしている暇はない。

それに恥とか外聞を考えると学校側につけこまれるのだ。

学校に怒鳴り込む、教育委員会に訴える

警察に連絡する、マスコミに訴える

最後は民事訴訟に訴える。

これくらいのことをする覚悟で初めて

自分の子どもを生命を守ることが

できるのかもしれない。

以上は極論であると私も思ってはいる。

学校の先生から見るととんでもない親もいる。

親から見るととんでもない先生もいる。

しかし、過剰に学校や校長や先生に期待を持つのは

危険なのは間違いないと思える。

親というものは切ないのだ。

・・・・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

takuママ | URL | 2006/10/22(日) 14:30 [EDIT]
組織防衛=自己防衛...とってもわかりやすかったです。まさに『切ない人たち』ですね。
私は小学校で教えて頂いた先生を尊敬しています。私の親も先生に対して絶対の信頼を持っていたと子供ながらに感じていました。しかし連日の報道を見聞きしていると今の教育現場はどうなっているのでしょう?昭和の教育現場は今はおばさんの昔話ですね。現在2歳の息子が学校に行く様になる頃を考えると怖い気さえして来ます。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。