切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/25(土)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
人を恋うる歌(3)
ninnkiburoguranking
ranking
ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

人を恋うる歌(3)
人は浮きつ沈みつ、人を愛し、人に裏切られ、過去を追想し、未来に夢を見ながら生きています。これらの駄句は5年前に書いた私の駄句を集めたものです。
第3章 水晶の章

初デート結婚約し二日酔い

贈りたる「日本婦道記」妻読みしか

妻となる女の昔を我知らず

汗かきの神父に誓いぬ我が愛を

新婦泣くサレジオ教会礼拝室

大吉に妻はニッコリ初詣

合格の報一オクターブ妻声高し

子ら抱え走り抜きたり我が妻は

一粒の麦地に落ちて子ら眠る

隆正と麻季と旅男は我が子なり

兄おなら乙女の恥じらい麻季ちゃんは

子ら眠る楷書崩れの川の字に

猫を虎と間違え逃げ帰りぬ隆正

肩車視界広がり麻季叫ぶ

木枯らしに凧飛びちぎれ子ら騒ぐ

お年玉子らに下賜して父威張る

凧揚げに子らと走りて寝正月 

兄姉のケーキ見つめぬ旅男君

旅男問う「こいのぼりどうしてうちは小さいの」

子ら詠める百人一首夢の跡

酔いどれて子らの前で泣く我はしあわせ

卓袱台に通信簿三つ息殺し

鴨鍋に汗吹きだしぬ子らの鼻

子ら食いし回転寿司は二十七皿

食べ放題家族五人がケーキ腹

湯たんぽに六本の脚集まりぬ

玄関に子らが化けたるサンタクロース

ドーナツを誰が食べしと子が責める

「今日は外で食べるか」の声に子らガバッと身を起こす

我が娘水着姿の脚長し

「はい」という返事がいつのまにやら「はいはい」となり

「ドラえもん」を真似押し入れに眠る兄弟二人

夕立に王手飛車取り隆正笑う

いつの日か裏切り秘めし子らの背は

「あ、父さん、母さんに代わって」父は電話交換手なり

子ら帰りぬくみ戻りぬあばら家に

妻の背に花火上がりて夏ゆ逝きぬ

子らの背も我に似たるか憂いあり

子ら去りて我も近づく亡き父に

アルバムにまぼろしだけが浮かびきぬ

かすかなる妻の寝息に年明けぬ

薔薇枯れぬ狭き庭より妻の声

手をとりて互いに歩みし山河はありや

老いてゆく二人の背中に鰯雲

ninnkiburoguranking
ranking
ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
たそがれ親父の人生ノート
時間があればHPもよろしく。


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。