切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/12(木)   CATEGORY: 社会
めだかの学校

ラン密売、種の保存法違反の疑いで中国人留学生3人逮捕
絶滅の恐れが高い動植物を保護する目的のワシントン条約で、規制が最も厳しい付属書1に含まれるパフィオペディルム属のランを密売したとして、警視庁は11日、千葉県市川市八幡4丁目、留学生で中国籍の★★容疑者(24)ら同国の留学生男女3人を種の保存法違反の疑いで逮捕した。ほかに逮捕されたのは、大阪市港区築港4丁目、留学生で中国籍の×××容疑者(24)ら。 生活環境課の調べでは、★容疑者は6月、インターネットオークションに「中国雲南省産 パフィオ 3000円」と表示し、東京都台東区内で男性に5000円で販売した疑い。また、×容疑者らは5月、インターネットオークションにパフィオペディルム属のランを展示し、東京都墨田区内で別の男性に約7000円で販売した疑い。
アサヒ・ネット2006年10月11日11時37分



こちらの無知のため記事を読んでもその意味が

よくわからない事件であります。

ネットで調べるとこの「ワシントン条約」とは正式名

「絶滅の恐れがある野生動植物の種の国際取引に関する条約」。

1973年3月に81ヵ国が参加して採択され日本は

1980年11月に批准したとのことであります。

また「種の保存法」とはこれまでの様々な自然保護の法律をまとめ

国内外の野生動植物種の保全を体系的に図ることを目的に

1992年に制定された法律だそうです。

「クジラ」「パンダ」「鴇(とき)」なんて

動物のことはよく耳にしますが

花である「蘭」の原種も絶滅寸前とは

全然知りませんでした。

しかし、3000円と表示した蘭を5000円で売ったとか

7000円で売ったとか、この記事を読んでも

この中国人留学生たちが大儲けした感じがしません。

これは彼らの犯罪の単なる氷山の一角なのでしょうか。

こういう自然保護の記事を読むたびに

私が小学生の頃、田舎の小川や田んぼでよく見かけた

メダカ、ドジョウ、ミズスマシ、タニシ、ゲンゴロウ、カワガニ

などの類はどこへ消えていったのかと思ってしまいます。

あの可愛い生き物たちは高度成長下の都市化や

DDTなどの農薬にやられてしまったのでしょうか。

♪ めだかの学校は川の中・・・・・

めだかの学校は今もまだ授業をしているのでしょうか。

・・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。