切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/08(日)   CATEGORY: 社会
池田大作という人

<池田大作氏>中国の名誉学術称号受ける…200件に
創価学会の池田大作名誉会長は7日、中国の北京師範大学(北京市)から「名誉教授」の称号を受けた。75年に旧ソ連のモスクワ大学から名誉博士号を贈られて以来、海外の名誉学術称号は、今回で200になった。この日は創価大(東京都八王子市)で授与式があった。北京師範大の葛建平副学長が池田名誉会長に証書を手渡し「日中友好と教育の発展に貢献をした」と授与理由を述べた。池田名誉会長は「名誉学術称号は光栄にも200に達しました」と謝辞。その上で、「両国が英知を結集して環境問題に本格的に取り組むべき時を迎えている」と述べ、日中が環境面でパートナーシップを作っていくよう呼び掛けた。
(毎日新聞) - 10月7日20時21分更新



毎日新聞がこのような記事を掲載したのは

池田大作名誉会長を賞賛するためなのか

それとももしかして揶揄するためなのか(?)

驚くべきは75年のモスクワ大学「名誉博士号」から

この北京師範大学の「名誉教授」を受けるまで

過去31年の間に世界中の大学から何と200!もの

名誉学術称号を受けていることである。

一年に世界の七つ近い大学から名誉学術称号を

受けるというこの数とスピードは「ギネスブック」に

掲載されるのに値いするのではないだろうか。

私のような素人が考えてもまた世間の常識からしても

このような名誉称号を大学から得るためには

多大な学術的貢献が合った場合、

多大な経済的寄付があった場合、

この二種類に限定されると思われる。

そして池田名誉会長の場合はその学術的貢献については

聞いたことがないので結局世界の各大学に

多大な寄付をしたとしか考えられない。

大学に多大な経済的寄付をすることはけっして

恥じることもないしまた悪いことではないと私も思う。

しかし、宗教者・宗教指導者は政治家・政治指導者とは違い

その信者の人々にとっては現世や世俗の権威や名誉を

超越した者としてしか存在しえないと思える。

池田名誉会長が日中友好を願う気持ちは

私にもわからないではないが、わからないのは

池田名誉会長が経済的寄付をすることによって

200もの学術的称号を得ている事実に対し

池田名誉会長自身も、また創価学会の会員の人たちも

素直に喜んでいるのであろうか。

「カエサルのものはカエサルに 神のものは神へ」

・・・・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*12 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

| URL | 2006/10/22(日) 09:53 [EDIT]
私も何かでそういうの聞いたような、ホントだったら許せないです。価値が無いものだなと感じました。
言い換えてみれば、名誉教授とかそういうものは寄付をすればいただけるものなんだと思うし、モスクワ大学とか結構有名ですけど、結局金かよって感じです。

旅人 | URL | 2006/10/25(水) 21:36 [EDIT]
多額の寄付をするだけで名誉称号を受けられるのなら、もっとたくさんの人が名誉称号を得ていることになるよね。
各大学ごとに基準は違うけど、それぞれの大学が称号を贈るのだから寄付が多いという理由ではなくその人の思想や思想に基づいた行動が評価されている。いままでの発言や行動はもちろんのこと、称号を与えられた後も素晴らしい活動をすることが暗に期待されているもの。
お金ですべてが片付くという寂しい考え方よりも、同じ日本人から200もの名誉称号を受けた池田大作氏がいることを誇りに思うべきだと思う。
● 名誉称号について
軒ちゃん | URL | 2006/11/01(水) 11:07 [EDIT]
初めまして。「時計の針の 巻き戻し」というブログをしております、軒(ちゃん)と申します。 私立大学で教授をしており、小さい大学ながら一応、役職も持っています。また(名誉でない、普通の)博士号を取得している者です。

本学で名誉教授を出しましたのは具体的には長年勤めた教授に対してです。名誉博士というのは出していませんが、将来出せることになった場合は、学問の進歩に著しい貢献をなした方で、それにもかかわらず学歴その他で不利益をこうむった、と大学が(具体的には大学院研究科が)判断した場合です。

もしそういう業績が全く無い場合は、通常は例え頼まれてもお断りします。ただし、学問の進歩に関与する実績(*図書館を建ててくれた、大型機器などを沢山購入してくれた、あるいは学術研究に関与する事を条件とした多額の寄付など)に対しては学内でも名誉称号を授与することに賛成意見が皆無ではありませんが、それでも名誉称号を与えるにはほとんどの教員は非常に慎重です。

ただし、外国におきましては、この種の貢献によって名誉称号を出すところがかなりあるのは我々の世界の人間にとりましてはいわば常識です。

通常は、ブログ主さんのたそがれ親父さんが述べておられるように、本人に「査読つき学術論文」を備えた、相当に厳密に、また国際的に認められている学会誌にいくつかの原著論文が掲載されていなければ、まず認められるはずがありませんが、外国におきましては、財政的援助が多額になればそういう人物に対しても認める所が多い事は上述の通りです。

池田大作名誉会長に、そのレベルの、単著(自分ひとりで書いた)論文がいくつあるか知りませんが、もしほとんど、あるいは全く無いのなら、普通のサラリーマンにはまず不可能なほどの、「巨額の財政的援助」による、というのが妥当と判断します。その金銭がどこから出ているかはまた別問題ですが。
● 訂正です
軒ちゃん | URL | 2006/11/01(水) 11:13 [EDIT]
すみません。上述の文中、

>財政的援助が多額になればそういう人物に対しても認める所が多い事は上述の通りです。

は、

『財政的援助が多額になれば学問的業績が無くても金銭援助した人物に対しても認める所が多い事は上述の通りです。』

に訂正いたします。
● 福永法源の例
軒ちゃん | URL | 2006/11/01(水) 17:51 [EDIT]
裁判で被告となった、福永法源の学位と賞状獲得の例は有名です。全く同じではありませんが、池田名誉会長に対する考察に役立つと思います。下記にあります。
http://page.freett.com/sokagakkai_komei/katagaki/hukunaga_hougen.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E6%B0%B8%E6%B3%95%E6%BA%90

てつ | URL | 2006/11/02(木) 00:43 [EDIT]
日本は嫉妬世界とはまさにこのことであろう。
名門の大学から200、市民称号が1000以上だせるだけの資金を世界で誰がいるだろうか。またそうであれば逆に200もの大学から評価されるであろうか。また、当然として名門の大学が後世に残る名誉教授を資金的に援助したからと出せる大学はどんな大学でも恥として出さないであろう。。その時だけの賞ではなくその大学の永遠の名誉教授として残る人を資金面だけで評価する大学は客観的にもその大学の品位を下げていると評価されて仕方ないであろう。自身の大学をそう評価されてしかることをわざわざ自身の大学の品位を下げてまで受賞するだろうか。。
感情と先入観とで結果論での評価としかいいようがない。

| URL | 2006/11/05(日) 02:04 [EDIT]
私もそう思います。巨額の援助金・・・。それだけで200もの学術称号を受けられるんでしょうか?それに、アジアには10以上名門大学で、池田大作の思想を研究する期間が設立されているそうです。より深くその考えを学びたいと思う人々がそんなにもいるんですよね。本当にすごいことだと思います。

| URL | 2006/11/07(火) 15:37 [EDIT]
あなたは素人ではなく、無知なだけですよ。

ななし | URL | 2006/11/13(月) 18:39 [EDIT]
てつさんの言うとおりだと思います。


・・・日本人の悪い所は、なんでもひねくれて考える所ですね。
海外の多くのメディアが証明してくれている通りに、受けとるべきではないでしょうか。
 日本は、背景的に宗教がからんでくると、なんでも評価を最低限に持ちすぎる傾向にありますよね。
名誉教授と多くの国々が、詠ってきているのはそんな多額の寄付やらなんやらではなくて、あくまで今、生きている哲学者としてすばらしい功績をたたえているからではないでしょうか。

| URL | 2006/12/27(水) 11:56 [EDIT]
太字の文斜体の文色付きの文字なぜ根拠もないデマなことを公衆が見るブログで書くのですか??普通に考えてお金をあげたぐらいでグラスゴー大学とかボローニャ大学とか特に中国の大学は名誉学術称号は授与しないと思う。もっと池田大作氏の行動をあなたは学ぶべきだ。

eiji | URL | 2007/01/06(土) 17:07 [EDIT]
遅くなりましたが 僕もてつさんの意見は最もだと思います。
あれだけ、昔から週刊誌やマスコミ、近年では2チャンネルでも非難中傷され続けている創価学会と池田大作氏が外国の大学や都市から各種の称号を受けるのには資金力だけでは出来る事では無いと思います。
この情報社会の中で調べがつかない訳も無い、問題のある組織のトップを賞賛すると言う事は恥以外の無いものでもないはずです。
あえて称号を与えるには長い年月がかかってます。
池田大作と会見した、故トインビー博士や周恩来、コスイギン、ゴルバチョフ元大統領、サッカーのロベルトバッチヨ、アートストのハービーハンコック、最近では日ハムの八木投手、誰一人として悪く言う人はいません。
先日もあの社会主義のキューバで外国の宗教団体で初の宗教法人として認可されたSGI(創価学会インターナショナル)カストロ首相が10年前に池田氏と会見した折に、いつもは軍服会見の彼が池田氏に礼を尽くしてスーツだったと聞いてます。
各国の識者、議会、国家が世界平和、民衆の救済のために命がけで奔走する池田氏始めとする現地の学会員の社会に貢献する姿に敬意を表した以外の何物でも無いと私は思います。
長くなってすみません、私自身勉強不足で学歴も何もありませんが、企業で社会で地域で活躍してきた両親の後を継いで同じ思いで頑張ってます。
入信40年を過ぎましたが創価学会は組織としては一流だと思います。
戦時中も個人の幸福と民衆の自由と平和を訴え、国家権力により投獄され獄死された初代牧口常三郎、恩師の意思を継いで戦後も財閥や企業が政治を利用し私利私欲に走り貧しい民衆を苦しめ続けた時代と真っ向から闘った二代会長戸田城聖。
そして池田氏は三代目の会長ですが、高齢にも関わらず、その遺言を果たされて今日も公演、執筆活動、会員の指導激励にと寝る間も惜しんで奔走されている。
本当に素晴らしい偉大な指導者です。
これからの日本、そして世界を担う平和の後継者を育て続けている。
日蓮の民衆救済のために命を賭とし多くの迫害にも負けずに悪しき国家権力と戦い続けた姿が今の池田氏や創価学会の会員の真の姿その物です。
創価学会の原点はどこまでも信心で、この信心はすべての人の夢を叶え、すべての人を幸福にします。この信心では何人たりとも幸福になれない人はいません。
苦難を乗り越え、それを体験した人の多さが創価学会の正しさの証明です。
この団体の成長が今後の日本、世界を崩壊から救うカギとなります。
貴方の力を貸して下さい。
今後とも創価学会の事を宜しくお願いします。

くろしろー | URL | 2007/02/04(日) 21:03 [EDIT]
私も200の博士号を金で買ったのならたいしたことないと思っていたけど、国連の婦人デーまで作ったと聞いてびびりました。
僕も正直言って人事面では不満のあるワンマン組織だけど、
やっぱり実際は、寄付や図書館を作ったので、ということもあるだろうけど、金の使い方を知ってるからそうできるんだと思います。
ロスチャイルドやロックフェラーはそんなことできないですよね。
僕は憲法9条も202の大学で文化遺産にしてほしいです。
それができる人材は彼しかいないんじゃないですか?
確かに名誉欲に取り付かれていますが、実際役立っているので
それはそれでいいと思います。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。