切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/26(火)   CATEGORY: 社会
追悼 丹波哲郎

「砂の器」「Gメン75」丹波哲郎さん死去
映画「砂の器」やテレビドラマ「キイハンター」などで知られる俳優の丹波哲郎(たんば・てつろう、本名・正三郎=しょうざぶろう)さんが、24日午後11時27分、肺炎のため亡くなった。84歳だった。告別式は30日正午から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。連絡先は杉並区西荻北4の6の2の丹波哲郎オフィス。喪主は長男で俳優の義隆(よしたか)氏。中央大学卒業後、新東宝に入社し、1952年にギャング映画「殺人容疑者」でデビュー。長身と彫りの深い顔で悪役として注目され、61年の今村昌平監督「豚と軍艦」のやくざ役で存在感を示した。その後も、篠田正浩監督「暗殺」、小林正樹監督「怪談」、佐藤純弥監督「組織暴力」など時代劇から現代劇まで幅広く活躍。中でも74年の野村芳太郎監督「砂の器」では、事件を解明していく人間味豊かな刑事役を好演した。最近では2000年の山田洋次監督「十五才・学校(4)」の老人役で演技派ぶりを発揮。豪快な中にもどこかとぼけた味のある演技が絶妙だった。
(読売新聞) - 9月25日22時11分更新9月24日



1952年が映画デビューの歳だから私はまだ5歳。

田舎の映画館のスクリーンでこの人をよく見かけた。

ロウコストかつ見世物芝居的新東宝映画で若い頃は

長身でやせ細ったガリガリの俳優だった。

新東宝の大ヒット作品「明治天皇と日露大戦争」では

軍人の役を演じていたのか。

この人が俳優としてすごく印象に残ったのは大学生の頃に

大学祭でリバイバル上映された「誇り高き挑戦」。

1962年 ニュー東映製作 監督 深作欣二 主演 鶴田浩二。

丹波哲郎はこの映画の中で戦前日本の特務機関で活躍し

戦後はアメリカ軍に協力する怪しい人間を演じていた。

長身で帽子とコートが似合いセリフの英語が実にうまかった。

今村昌平「豚と軍艦」では病院で他人のレントゲン写真を見て

自分が肺ガンだと思い込むやくざのチンピラ役を好演。

篠田正浩「暗殺」では幕末の尊王志士清河八郎役。

これがまた行動が矛盾だらけの陰謀家を喜々として演じていた。

後、印象に残ったのは工藤栄一「十三人の刺客」。

臭い演技とバタ臭さが最後まで残る昭和の名優だった。

哀悼。
・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。