切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/23(木)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
愛の灯
愛の灯

誰にでもいいことは起こる

そんな時、家路を辿ることは楽しい

妻にどう話しをしようか

息子をどう驚かせようか

娘をどう喜ばせようか

そう考えただけで満員電車も我慢できる

座席で脚をひろげて踏ん反り返っている若いあんちゃんも赦せる

一人でブツブツクダを巻いている中年の酔っ払いも赦せる

携帯メールをじっと見つめているアイシャドウの濃い女子高校生も赦せる

夜のとばりの降りた中を電車は走る

見飽きてしまった風景さえもなぜか懐かしい

いつもの駅で降りいつもの商店街を通り抜ける

夜空を背にした大きな団地が見えてくる

一人で見上げるJ7棟の705号に温かい灯がともっている

家族一人々々の笑顔が浮んでくる

頭上の月も笑っている

そんなことが長い人生には時々起こる

ninnkiburoguranking
ranking
ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
たそがれ親父の人生ノート
時間があればHPもよろしく。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。