切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/21(木)   CATEGORY: 社会
仲間割れの哀しさ・・・

堀江被告から離反した胸の内 宮内被告が証言
 ライブドアグループの証券取引法違反事件で、ライブドア前社長の堀江貴文被告(33)の第6回公判が20日開かれた。検察側証人として出廷したライブドア前取締役の宮内亮治被告(39)は、前社長の事件への関与を捜査段階で認めた理由について、「(前社長が)社員よりも他のものがかわいそうと言っていたと聞いて、守りのとりでがガラガラと崩れた」と証言し、「責任を全うしようと思った。知っていることはすべて話した」と述べた。宮内前取締役の証言では、今年1月に東京地検特捜部の強制捜査を受けた直後は、全部自分のせいにして前社長を守ろうと思ったという。しかし、前社長が「おれは知らない」と言い出したことで不信感が生まれ、若い社員たちからも「全部本当のことを話したほうがいい」と説教されたという。 その後、間接的に、前社長が社員以外の「お付き合いしている方」を「かわいそう」と言っていると聞いたという。 一方、関連会社「ライブドアマーケティング」の業績を黒字に粉飾する方法を説明した際、堀江前社長が「ああ、そうなんだ。まあ、いいじゃん」と答えた、と証言した。
アサヒ・ネット 2006年09月20日13時42分



一つの会社を汗水流して発展させ支えてきた

同志的仲間である経営陣の一人が被告席に座り

もう一人が進んでかはたまた強いられてか

同じ被告でありながら検事側証人として証言席に立つ。

これこそ社会的正義とか不正義を超えた

人間の哀しくかつ壮烈なドラマである。

そして証言席に立たざるを得なかった理由が

社員のことではなく自分の交際相手の立場を

気にしていたことに対する反撥であったとは。

一心同体であった筈の人間関係がこんなに

簡単に崩壊してしまうとは。

人の世とはこういうものなのであろうか。

私たちも社会的正義とか犯罪とかとは関係なく

日々こういう人間関係の中で生きているのかも

しれないと思うと空恐ろしくなってくる。

・・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。