切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/16(土)   CATEGORY: 社会
オウムの沈黙

オウム・松本被告の死刑確定 最高裁が特別抗告棄却
 一審で死刑判決を受けたオウム真理教元代表・松本智津夫(麻原彰晃)被告(51)について、最高裁第三小法廷(堀籠幸男裁判長)は15日、裁判手続きを打ち切らないよう求めた弁護側の特別抗告を棄却する決定をした。さらなる異議は認められておらず、松本被告の死刑が確定した。96年4月の初公判から10年余。日本を震撼(しんかん)させたオウム真理教によるテロ事件の首謀者の裁判は、実質的に一審だけで終結するという異例の展開で幕を閉じた。  松本被告に対しては、一審・東京地裁が04年2月に死刑を言い渡した。弁護側は即日控訴したが、二審の弁護団は「被告と意思疎通ができず、控訴趣意書が作成できない」として、期限の昨年8月末までに趣意書を出さなかった。 これに対し、控訴審を担当していた東京高裁刑事10部は今年3月、裁判手続きの打ち切り(控訴棄却)の決定をした。弁護側は異議を申し立てたが、同高裁刑事11部は5月に棄却。弁護側が最高裁に特別抗告し、第三小法廷の結論が注目されていた。
アサヒ・ネット 2006年09月15日16時07分



松本被告は自らが起こした

無差別大量殺害事件の真実を

語ることができないのか。

または語ることがないのか。

オウムが起こした様々な事件の本当の意味は

語られないままに終わりそうである。

私は裁判が始まった頃には松本被告が

一人の宗教者として例え市民社会や

法の論理に反していてもその考えてを

法廷で大胆に主張するのではないかと

勝手に想像していました。

しかし、松本被告は長い裁判の過程において

何も真実を語らなかった。

本当に人格が崩壊したのかそれもと単なる偽装なのか。

これでは無辜の被害者は救われない。

その上、松本被告を崇拝し事件を実行した

弟子たちも救われない。

松本被告が裁判で最低なすべきだったことは

様々な事件に対し自分に全責任があり

当然自分は死刑になってもいいから

弟子たちには寛大な刑をと弟子たちを

弁護・擁護してやることではなかったのか。

それが様々な事件を起こした教祖としての

最低限の倫理だったのではないのか。

・・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。