切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/09/13(水)   CATEGORY: 社会
ノラクラ生きるんだよ・・・

北京の大学生、4人に1人がうつ病症状 自殺増も問題化
北京の大学生の4人に1人がうつ病とみられることが、同市衛生局の調査で分かった。適切な治療を受けないで自殺する大学生の増加も社会問題となっており、同市は今月、学校での精神衛生教育の充実などを目的とした対策に乗り出す。北京各紙が報じた同局の調査結果によると、北京の大学生の約24%にあたる10万人余りにうつ病の症状がみられるという。04年に自殺した北京の大学生は19人で、うち8人が名門校の北京大学の学生だった。中国社会でエリートとみなされる大学生が「心の病」を患う原因として、専門家は、高校まで優等生だった学生が大学入学後は周囲との激しい競争で成績が伸びずに悩むことや、卒業後の就職難、家庭の経済問題、失恋などを挙げる。「一人っ子として甘やかされて育てられたため、挫折に弱い」との指摘もある。同市人民代表大会(市議会)は13日から開かれる常務委員会で、小学校から大学まで各校が学習計画の中に精神衛生教育を盛り込むことやカウンセリングの専門家を配置することなどを求める「市精神衛生条例」案の制定について審議する。
アサヒ・ネット 2006年09月12日20時41分



こういう記事を読むと中国が本当に

現代化の道を歩んでいるのがよくわかります。

これが中国の大学生が眦(まなじり)を決して

祖国の為にというスローガンで一致団結している

姿であるならばそれはそれで中国にとっては

危険な感じがします。

なんせ私の世代の中国と言えば

「人民服」であり「毛沢東語録」であり

「造反有理」であり「紅衛兵」の時代でありました。

そして毛沢東の引き起こした「文化大革命」を

少なからざる日本の若者も支持していました。

そんな時代から見ると今の中国は隔世の感があります。

「近代化」「現代化」という歴史過程において

「うつ病」「自殺」が若者に発生するのは

それこそ歴史の必然のようにも思えてきます。

日本においてもはるか昔明治時代に

華厳の瀧に身を投じた第一高等学校生

藤村操以来「うつ病」「自殺」は

果てしなく繰り返されてきました。

「うつ病」「自殺」は国境を越え体制を超えた

人間が持つ「近代の病」なのかもしれません。

と書きながら子どもの頃から自殺ばかり考えていた

私としてはそんな馬鹿なことを考えずに

ノラクラ生きていくのが人生というものだよ

と中国の学生にも日本の学生にも言いたくなりますが。

・・・・・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

プチうつ子 | URL | 2006/09/13(水) 19:15 [EDIT]
するとこれからはインドでしょうか?
あの国民はかなり手強そうです。

管理人 | URL | 2006/09/13(水) 22:35 [EDIT]
と突然そうおっしゃられても(笑)
こういうことは近代化の過程では
どにでも起こりそうに私は
思っているだけですが。
インドも例外ではないと思います。

プチうつ子 | URL | 2006/09/14(木) 22:23 [EDIT]
それはそうですねえ
ちょっとだけ熱くなりまして、、、

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。