切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/06(月)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
恋という病原体
恋という病原体

恋は恐ろしいものです。
恋をした瞬間に見えるものまで見えなくなってまずは視野狭窄症。
相手の姿を思い浮かべただけで夜は眠れず不眠症。
相手の姿を見た瞬間に頭がボーとなって自律神経失調症。
相手の声を聞いただけで血が騒ぎ血がたぎって高血圧症。
相手の姿を思い浮かべると食べ物が喉を通らなくなって拒食症。
相手が異性と話しているのを目撃しただけで胸騒ぎで呼吸不全症。
相手に恋人がいるとわかった瞬間に頭が狂い突発性痴呆症。
相手に伴侶がいるとわかった瞬間に身体が硬直し突然死(笑)。

てな風に恋は「死にいたる病」であります。
「灼熱の恋」というのは単なる比喩ではありません。
全身発熱状態が長期にわたって続きます。
最後には身体が燃え尽きて灰になってしまうほど気分はハイ。
恋をして拒食症になるか
恋に破れて巨食症になるか。
どっちにころんでもまったく身体によくはありません。
苦しい恋から逃れるためには結婚がベストです。
超低温瞬間冷凍されたようにつきものが落ちてしまいます。
と書きながらやっぱり恋ほどすてきなものない
と考える今日この頃であります。

人間って切ないなあ。

ninnkiburoguranking
ranking
ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
たそがれ親父の人生ノート
時間があればHPもよろしく。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。