切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/08/13(日)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
人の運って何なのか・・・

体の上を列車が通過、80歳男性無事 「驚いて動けず」
 宮崎県延岡市稲葉崎町1丁目のJR日豊線延岡―北延岡間で11日午後8時半ごろ、南延岡発北九州ターミナル行き貨物列車(12両編成)が、線路に倒れていた市内の男性(80)の上を通過した。男性は顔に軽いすり傷を負ったが、無事だった。運転士に「大丈夫です。すみません」と話したという。県警延岡署の調べでは、男性は近くの居酒屋で酒を飲んだ後、線路を渡って反対側の自宅に戻ろうとした。列車が来たため驚いて線路に倒れ込んでしまい、通過するまでうつぶせのまま動けずにいたという。列車と地面との間は約30センチ。署員は「高齢で動けなかったのが幸いしたのかも」と話している。



この「アサヒ・ネット」の記事を読み 思わず

「よかったねえ」とパソコンに向って呟きました。

同時に幼稚園か小学生の頃に読んだマンガを思い出しました。

人を鉄道のレールに縛り付けておく。

複線化されているその隣のレールを列車が通過する。

すると縛り付けられた人間は隣のレールを通過する

列車に轢かれてしまうという錯覚を起こし

恐怖で死んでしまうというお話でした。

50年近く昔に読んだマンガを覚えているのは

きっと私自身が恐いなあと思ったからでしょう。

自分の体の上を12両の貨物列車通過するなんて

聞いただけで恐ろしいと思うけれど

この80歳の老人はほろ酔い気分で

何も感じなかったのかもしれません。

それに「高齢で動けなかったのが幸いしたのかも」

という署員の言葉が笑いを誘ってしまう。

テレビニュースを見ていると時々

「中央線は人身事故のため20分ほど遅れています」

なんて報道がなされているが、自ら線路に身を投げる人に

比べるとこの老人は強運ということなのでしょう。

神様が見捨てないということがこの世にあるのではと

思わせてしまうような記事でありました。

私たち家族も神様に見捨てられませんように。

・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。