切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/23(日)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
夫唱不婦随・・・
私は昔からのアンチ巨人。

その上、6年前イチローが大リーグの

マリナーズに入団した後はイチローの大ファンである。

昨日、イチローは4打数2安打1打点。

今日、5打数2安打2打点。

活躍しているイチローをテレビで眺めながら

満足しているが、この喜びを分かち合う相手がいない。

我が妻はイチローがヒットを打つたびに

テレビの前に突然立ち上がって大声を

上げたり拍手をしたりしている亭主を

何か理解できない生き物のように眺めている。

「あんたはいいねえ。熱中できるものがあって」

たまにそんな嫌味を言うだけである。

その上、我が妻は戦後生まれだというのに

野球のルールというものを根本的に知らない。

ヒットを打ったランナーがどうして一塁に走るのか

そのレベルでさえわかっていない。

夫の好きな野球を少しは知ろうとする気配さえない。

私から見るとまるで宇宙人と生活しているようである。

夫唱婦随どころか夫唱婦随。

もしかしてこれが妻の最低線の抵抗運動なのか。

まあ、私は私で妻が大好きな宝塚歌劇団のことを

はなから何も知ろうとは思わないでいるのだから

妻に偉そうには言えないのはわかっているのだが。

夫唱婦随の妻と婦唱夫随の夫。

それでバランスがとれているということか。

それでなんやかやと言いながらも別れずにいるのか。

でもなあ、少しは野球のことを知ってくれた方が

・・・・・・・・・(泣)

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。