切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/19(水)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
いらいらし・・・
今日の朝刊も一面に秋田県藤里町の

幼児殺害事件の記事が掲載されている。

警察の取調べに被疑者である母親は

「橋に行って魚を見せようとしたが見えず、帰ろうとしたが

だだをこねたのでいらいらして突き落とした」

と供述し

また突き落とした理由について

「ストレスなどが募っていた」

とも話しているとのことである。

被疑者は真実を述べているのだろうか?

何かがおかしいと思って不思議ではないだろう。

そんなことで実の娘を橋から8メートルも

下にある川に突き落とすだろうか。

私たちはデパートやスーパーなどで

ただ何かを欲しがり駄々をこね泣き叫ぶ子どもと

その子どもに対し切れかかっている母親

という光景を日常茶飯事のごとく見かける。

だからと言って デパートやスーパーの屋上から

子どもを突き落とす母親などを見かけることはない。

むしろ そのような光景をある意味においては

他人の眼を意識した親子のお芝居のようにさえ眺めている。

しかし この被疑者である母親は違った。

親子で橋まで川を泳いでいる魚を見に行き

そこで魚が見えないと子どもがだだをこねたからといって

8メートル下の川に突き落としたりできるものなのだろうか。

どう考えてもそこにはあまりに飛躍がありすぎる。

私が馬鹿な推理をしても仕方がないのだが

もしかしてこの供述は因果が逆になっているのではないのか。

子どもを橋から突き落とすために魚を見に行ったのでは

と考えると供述にある種の整合性があるようにも思える。

しかし そう考えると今度はこの被疑者である母親の

そこまでせざるを得なかった心の闇が

ますます見えなくなってしまう

・・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

シュナまま | URL | 2006/07/21(金) 11:09 [EDIT]
おやに抱きしめられずに育ったのでしょうか、その母は。
娘は一心に母の愛を求めていい子でいるよう健気にいたとか・・
そんな子の想いが届かない育て方を親にされたのでしょうか・・
しんどい思いをして産んだ子じゃないですか。
十月十日大事に大事にしてたんじゃないですか。
愛しくて抱いた時って一度もなかったんだろうか・・・・
悲しすぎます。

管理人 | URL | 2006/07/23(日) 12:34 [EDIT]
なにかこういう哀しすぎることが
いつの世のもあるということなのでしょうか。
それにしてもよくわからない事件です。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。