切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/16(日)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
真実・・・
秋田県藤里町の幼児殺害事件の犯人が

4月に実の娘も橋から突き落として殺したことを

自白したとネットに報道されている。

昨日まで娘が橋から落ちたと言っていた筈だ。

犯人が真実を告白するにもそれなりの心の準備と

時間がかかるということか。

それにしても実の娘の死に対し警察が

事故死と発表したのにどうしてもっと熱心に

犯人を捜せなんて執拗に要求したのだろうか。

自分が犯人であることを隠すための偽装行為としても

警察が事故死と断定したのだからあえてリスクを

犯す必要はないではと考えるとしても

やはり行動が異常にすぎる感じがする。

もしかすると自分から名乗り出る勇気はないけれど

心の底では早く警察に逮捕して欲しかったのか。

その上 どうして近所の幼児まで殺害したのか。

実の娘を殺せば自分が自由になり新しい幸せが

獲得できると妄想したのだろうか。

ところが待っていたのは地獄のような罪の意識

そういう心性から近所を見ると平凡に生きている

人々が幸せに見えそれが娘の友だちを殺そうという

気持ちと結びついていったのか。

私のような凡人にはどうしても

それらしい真実が見えてこない

・・・・・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
日記はこちらです。こちらもよろしく
たそがれ親父の人生ノート

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

シュナまま | URL | 2006/07/18(火) 09:47 [EDIT]
自分の子を殺めておきながらどうしてまた子を殺めてしまったのか、理解できませんね。
いったい本当は何から逃げたかったのか・・・
なにを望んでいたのか・・・・
そんなあやふやな自分勝手な思いで殺められた子等が不憫でなりません。

管理人 | URL | 2006/07/19(水) 22:40 [EDIT]
ほんとうにそう思います。
死は誰にも待っているとは言っても
こういう風に殺された二人の子どもは
言葉に表せないほど不憫ですね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。