切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/07/15(土)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
シスターボーイ
昨日は巴里祭(ぱりさい)

7月14日のフランス革命記念日のこと

ネットで調べると1934年 ルネ=クレール監督の

映画Quatorze Juillet(7月14日)が日本で

「巴里祭」と訳されてから広まったとのこと。

巴里祭と聞くと ロビスピエール ダントン

マラー マリー・アントワネット 

などのフランスの歴史上の人物たちと

なぜか高英男 丸山明宏(現美輪明宏)宝塚・・・

シスターボーイなんてとっくの昔の死語か

あの頃母が買って来た月刊誌「平凡」や

「明星」で見た丸山明宏は子ども心に

恐いほどに美しかった

シスターボーイ よいとまけの歌 霊媒師(?)

昭和の歴史とそこに生きた人の変貌の激しさよ

子ども三人が小さい頃には何の理由もなく

ポテチと安ワインで巴里祭を祝ったものだった

安ワインに酔って顔が赤くなりながら

うれしそうにしていた子どもたちも

大きくなり私も妻も年老いてしまった

・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
日記はこちらです。こちらもよろしく
たそがれ親父の人生ノート

スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。