切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/06/19(月)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
妻の日・・・
昨日は「父の日」

東京の長女から電話があった

ありがたいことである

長女とおしゃべりをしながらふと思った

「母の日」「父の日」はありながら

「妻の日」はどうしてないのだろう

「夫の日」はどうしてないのだろう

血は水よりも濃しということなのか

父母には山よりも高く海よりも深い

恩義があるというのに

妻や夫にはお互いそれほどのものはなく

所詮 赤の他人ということなのか

それに「妻の日」を祝うのは夫だけ

「夫の日」を祝うのは妻だけ

それも歳月が過ぎるごとにどうしたわけか

本心から祝うことが少なくなっていく

というリスクがあるのか

てなことを考えていると

背後から妻の声がした

「あんた いつまでも芋虫みたいに

寝転んでダラダラ テレビを見てないで

さっさとお風呂に入ったら

今に牛になっちゃうわよ」

やっぱり「妻の日」も「夫の日」も

なくてもいいのかもしれない

・・・・・・・

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
日記はこちらです。こちらもよろしく
たそがれ親父の人生ノート


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。