切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/06/14(水)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
平和であること・・・
箕輪登(みのわのぼる)という政治家が

5月14日に肺炎で亡くなった

享年八十四

私はもちろん一面識もない

以下は新聞の記事を私が勝手にまとめたものであり

またこの記事を読んだ私の勝手な感慨である

元衆議院議員 郵政大臣 防衛政務次官 自民党国防副部長

戦後自民党を代表する「タカ派」的保守政治家である

二年前に自衛隊イラク派遣差し止め訴訟を起こした

「重装備の自衛隊を海外に出すのは法律違反」

「自衛隊は専守防衛。海外には派遣しない」

この人が法廷で語った言葉

「(自分は)やがて死んでいくが、死んでもやっぱり

日本の国がどうか平和で、働き者の国民で、幸せに暮らして

欲しいなと、それだけが本当に私の願いでした」

この言葉には「終戦の直前に陸軍軍医少尉に任命され、

戦争の時代を生きた」人の本音がある

この言葉には人々が額に汗して営々と

働いてきた戦後61年の匂いがする

戦後61年の人々の個人史の重い堆積がある

そして戦後の明るい青空が広がっている

この先、私たちがまた私たちの子供が他国で

他国の人々を殺傷したりまた殺傷されたり

することがありませんように・・・・

それでこそ明るい家庭が存在できるし

夫婦喧嘩さえも明るくできるのだろう

・・・・・・・

註:ニュースソース 6月12日 朝日新聞夕刊2版4面「惜別」

ninnkiburoguranking

ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
日記はこちらです。こちらもよろしく
たそがれ親父の人生ノート



スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。