切ない人たち
人生がそろそろたそがれてきた男が語る人生の愛のかたち。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/15(水)   CATEGORY: 結婚, 恋愛 
愛の花束
愛の花束

女性に花を贈るのが好きだった。

昔見たアメリカ映画の影響か。
それとも「紳士」という奴を気取ってみたかったのか。

贈る花なら薔薇。
それも真紅の薔薇が好きだった。

薔薇の花束を持った瞬間私は「紳士」とやらに変貌した(?)。

薔薇の花言葉は「愛」。
その中でも真紅の薔薇は「熱愛」を表すとか。

一時、妻の誕生日や結婚記念日に薔薇の花束を持って帰ったりした。

その時のはにかみながら大仰に感動したふりをする妻の演技が
好きだった(笑)。

そして、誰かを「熱愛」するという心境からはほど遠い年齢になった。
今は誰かを「熱愛」した時の「余熱」で生きている状態である(笑)。

私の駄句。

花冷えの乗り換え駅に愛はぐれ

これは櫻か。

今年も家の庭に薔薇が咲くのを楽しみにしています。

ninnkiburoguranking
ranking
ランキング参加中・クリックよろしくお願いします。
たそがれ親父の人生ノート
時間があればHPもよろしく。


スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 薔薇の花
spacesis | URL | 2006/03/16(木) 03:15 [EDIT]
いくつになっても女は花束を貰うのが嬉しい^^
わたしも薔薇の花が大好きで、大阪で一人暮らしをして
いた若いころは、給料日には街中を大きな薔薇の花束抱えて
ひとりぼっちの部屋に帰ったものです。

男性が花束を抱えてはにかむ姿、とても素敵に見えます。
たそがれ様は、今でも奥方に深紅の薔薇の花束を?^^
● イヤ―――(笑)。
管理人 | URL | 2006/03/16(木) 11:35 [EDIT]
イヤ―――、この数年、妻にも異性にも
薔薇の花を贈ったことがありません。
そういう心の余裕も経済的余裕もないし(泣)。
しかし、これはどう考えても言い訳ですなあ。
今度の結婚記念日には妻に薔薇の花を
久しぶりに贈ろうかとも考えております。
あくまで予定ですが(笑)。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 切ない人たち. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。